毎週水曜発売(一部地域はことなります)の週刊プロレスの内容、見どころを発売一日前の火曜に紹介します。

今週号の表紙は全日本で開幕した「チャンピオン・カーニバル」公式リーグ戦で因縁の諏訪魔から値千金の勝利を手にした黒潮“イケメン”二郎です。今年は秋の開催となった全日本の祭典。開幕週は名古屋、川崎の2大会を追跡。前年度覇者・宮原健斗がいきなりヨシタツに敗れる波乱の幕開けとなったリーグ戦など巻頭カラーから詳報。巻末言ではイケメンのジャケットに対するこだわりなども聞いています。

今週号は特別付録としてBook in Bookがついています。内容は開幕直前となった新日本の「G1CLIMAX 30」観戦ガイド。全大会の注目公式リーグ戦紹介、前年度覇者・飯伏幸太インタビューなどG1のお供に欠かせない一冊。新日本関連では仙台&後楽園の2大会をリポート。IWGPジュニアタッグ王座決定リーグ戦などを詳報。

スターダムはいよいよ「5STAR★GP」が佳境。最終戦を一週後に控えた福岡3大会をリポート。中野たむvsジュリアほか注目リーグ戦満載です。

アイスリボンからは本誌発売日に18歳となるICE×∞王者・鈴木すずの初水着特写。目前に迫ったつくしとの初防衛戦を前に現在の心境に迫ります。

そのほかNOAH金沢、ドラゲー後楽園&大阪、DDT板橋、大日本・新木場、アイスリボン川口、東女・板橋などをリポート。水曜日発売(一部地域は発売日は異なります)。

全日本9・12名古屋~チャンピオン・カーニバルBブロック公式リーグ戦◎ヨシタツvs宮原健斗「GF宣言!」

画像: 全日本9・12名古屋~チャンピオン・カーニバルBブロック公式リーグ戦◎ヨシタツvs宮原健斗「GF宣言!」

名古屋へ向かう新幹線の窓から連なる薄い雲を見て、不思議な感覚になって仕方ない。外はまだまだ暑いが、季節は確実に変わっている。間違いなく、いまはもう秋。にもかかわらず、春恒例の「チャンピオン・カーニバル」開幕戦に向かっているのだから、季節感がおかしい。

今年のカーニバルはコロナ禍により延期となり、40回目の開催にして初めて「秋の祭典」となった。出場は全10選手に絞られ、日程も短縮。10・17大阪での三冠ヘビー戦が発表されているから、王者の諏訪魔が優勝しないかぎり、秋の覇者が至宝に挑むことになる。

すでに三冠戦への道筋が立っているわけだ。誰もが優勝からの三冠挑戦を狙うが、「なぜ優勝したいのか?」の答えが「三冠挑戦」ばかりだったら当たり前すぎて面白くもない。だからヨシタツが打ち出した「王国のプロレス界侵攻」に引っ掛かりを覚えた。(宮尾)

詳細は9月16日(水)発売の週プロ誌面にて。週プロmobile内「週プロ早版」ではその他の掲載コンテンツも紹介しています。

詳しくは以下のサイトを参照してください。

「週刊プロレスmobileプレミアム」では、従来の「週刊プロレスmobile」に加え、毎週水曜午前0時に最新の「週刊プロレス」を電子版で読むことができます。

価格はなんと月額999円(税別)。「週刊プロレスmobileプレミアム」はクレジット決済になりますので、従来の「週刊プロレスmobile」の携帯電話会社のキャリア決済では加入できなかった皆様も入会可能。スマートフォン、タブレットでいつでもどこでも「週刊プロレス」と「週刊プロレスmobile」を読むことができます。しかも、加入月は0円!(※「加入月0円」は初回のみ)。

さらに、2015年9月より約5年間分の「週刊プロレス」のアーカイブも閲覧できます(一部を除く)。その他のバックナンバーも随時、追加中。各号に目次機能もついており、読みたいページにすぐアクセスできます。また、ワード検索もあり、お気に入りの選手や団体の記事にすぐたどり着けます。

登録方法は簡単3ステップ! 週刊プロレスmobile内に表示される「週刊プロレスmobileプレミアム」案内ページの「プレミアム版に登録」をタップし、①メアドとパスワードを登録、②クレジットカード情報を登録、③アンケートにご協力いただき…登録完了!

プロレスファンにとって超お得な「週刊プロレスmobileプレミアム」を、ぜひご利用ください!

「週刊プロレスmobileプレミアム」の詳しい情報はこちら


This article is a sponsored article by
''.