多くのランナーにかつて経験したことのない感覚をもたらしたアディダスのウルトラブーストが、再び新たな感動体験をランナーに提供する。高いクッショニング性能と高い反発性を両立させたBOOST™フォームの性能を最大限に生かしつつ、素晴らしいフィット感と推進力をもたらす。ウルトラブースト19の最新機能をチェックしよう。

ウルトラブーストを進化させた
4 つのキーコンポーネント

 ランニングシューズの開発における最大のテーマは、衝撃吸収性(クッション性)と反発力をどう両立させるかである。より安全に走るためには、衝撃吸収性が必要だが、より早く、楽に走ろうとすると反発力を求めることになる。

 しかし、着地衝撃を完全に吸収してしまうと、反発力は生まれない。この二律背反を1つの素材で可能にしたのが、アディダスのBOOST™フォームである。この画期的な素材で作られた数々のシューズは、多くのランナーをマラソンのゴールに導いてきた。

 中でも、BOOST™フォームの性能を最もよく発揮するのが、ウルトラブーストだ。そのウルトラブーストが、より快適に、より楽しく、より楽に走れる機能を搭載して、生まれ変わった。4つの主要な機能において大きな変更がなされたウルトラブースト19の変化を見てみよう。

画像: ウルトラブーストを進化させた 4 つのキーコンポーネント

オプティマイズドBOOST™ フォーム

 まずは、ウルトラブーストの心臓部ともいえるBOOST™ フォームだが、初代のウルトラブーストよりも20%もBOOST フォームを増やしたオプティマイズドBOOST™フォームを搭載している。これにより、より高いクッション性を発揮するのはもちろん、高い反発性による強い推進力をもたらす。

トルションスプリング

 ミッドソールのオプティマイズドBOOST™フォーム内に組み込まれたトルションスプリングは、従来のウルトラブーストよりも、前後に長くなった。これにより、自然な体重移動ができるため、BOOST™フォームの生み出す反発力と連動して自然な推進力が生まれる。

プライムニット360

 どんなに高性能なミッドソールを有していても、アッパーがしっかりと足を包み込まなければ、その性能を十二分に発揮することはできない。プライムニット360と呼ばれるウルトラブースト19のアッパーは、ソックスのように360°足を包み込む。快適であるのはもちろん、一体感をもたらすため、シューズの性能を完璧に引き出すことができる。

3Dヒールフレーム

 ランニングシューズが足に合うかどうかは、踵のホールド感による。ウルトラブースト19に搭載された3Dヒールフレームは、従来のヒールカップとは異なり、踵のホールドのポイントである踵骨を上からしっかり押さえる構造となっている。踵の動きを妨げず、軽量でなおかつしっかりとホールドする。カップではなく、フレームにしたメリットは計り知れない。

画像: 3Dヒールフレーム

 初めてブーストフォームを搭載したシューズに足を入れて駆け出したとき、かつて経験したことのない気持ちよさを味わったランナーは多い。ウルトラブースト19は、その感覚をさらに高めることに成功している。最新のウルトラブーストが、最新のランニング体験を多くのランナーに届けてくれる。

動画で見るウルトラブースト開発ストーリー

画像: アディダスはランナーたちの志向やニーズ、理想を元に、かつてない新次元のランニングを実現させるシューズという価値観に焦点を当て、CO-CREATION(共創)という方法をとった。 www.youtube.com

アディダスはランナーたちの志向やニーズ、理想を元に、かつてない新次元のランニングを実現させるシューズという価値観に焦点を当て、CO-CREATION(共創)という方法をとった。

www.youtube.com

商品名 :Ultraboost 19
サイズ展開 :22.0~28.5cm
……………… 25.0~29.5cm
※店舗によって取り扱いサイズが異なります。
販売価格 :¥22,000(税別)


This article is a sponsored article by
''.