ゆっくりランを楽しむことにかけては右に出る者がいないパッパラー河合さんが、12月8日に開催されるJALホノルルマラソンに挑戦します。還暦を目前にした爆風スランプのギタリストが、制限時間がなく、自分のペースで楽しむことができるリゾートマラソンへの日々を綴ります。

「あ・・・ココは気持ちイイ」

爆風スランプでデビューして35周年です

しがないバンドマンってやつでして

演奏旅行ばっかりしてるんですよね

当然ですけど47都道府県、全部行きました

海外もそれなりに行きました

ええ、行きましたとも

「いろんなトコロに行けてイイですね~」

なんてね、よく言われますけど

オレは遊びで旅してるワケじゃないので・・・

まあ、隣の芝生は青いってヤツですかね

もしくは、隣の晩御飯は豪華に見えるってヤツです

え?後者のは聞いたことがない?

でしょうね、いまオレが思いついたので、フフフ

そんな旅中心の生活だと家が恋しいです

なるべく家に居たいです

なるべく自分の枕で眠りたいです

札幌に行こうが沖縄に行こうが京都に行こうが

「あ~はやく帰りたいィィィッ!」

って思うわけです

名だたる観光地だろうがフ~ンって感じですよ

でもね、例外がヒトツだけあります

「ハワイなら行きたい!」

ってコトなんですよ、ハイ

でも最近まで、そうは思ってなかった

15年前にハワイに行ったときはフ~ンって感じだった

でも昨年、ホノルル空港に降り立ったとき

ビビビ~ンと感じたんです

「あ・・・ココは気持ちイイ」

ってね

生暖かい空気、バニラの香りもした気がする

ハワイのどこに出かけても気持ちよくて楽しかった

なんでだろう?派長が合うってコトだろうか?

それまで旅が好きじゃなかったオレが

1週間、ホノルル観光を満喫してしまったのです

そんなワケで今回はJALホノルルマラソンでハワイに行く

画像: 「あ・・・ココは気持ちイイ」

もちろん演奏もマラソンも楽しみなんですけど

もう一度行きたいトコがある

それは、モアナルア・ガーデンパーク

そこで樹齢130年のモンキーポッドと再会したい

で、♪この木なんの木きになる木~と歌いたい

ええ、あのCMの木はホノルルにあるんですよね

で、贅沢を言えば

もう一度エッグスンシングスのパンケーキを食べたい

さらに贅沢を言えばホールフーズでサラダ食べたい

あああ・・・本場コナコーヒーも飲みたい!

いや~食べるコトばっかりだな

ま、それでもイイじゃないか

さあてと、マラソンで失敗しないように練習しようっと!

パッパラー河合さん
千葉県出身。
1984 年に爆風スランプのギタリストとしてデビュー。
1996 年ポケットビスケッツから自らの出身地、柏市の御当地アイドル・コズミック☆倶楽部まで様々な音楽プロデュースを手掛けている。近年はマラソンにも取り組んでいて、『ランニングマガジン・クリール』(ベースボールマガジン社)で、コラムを 5 年前から執筆中。フルマラソンのベストは5時間45分。

10月19日 パッパラー河合さんとホノルルを目指す練習会 参加者募集中!

 パッパラー河合さんと制限時間がないJALホノルルマラソンを目指す練習会を10月19日に開催します。ホノルルマラソンを走る人、走りたいと思っている人、いつか走ってみたいと考えている人、一緒にパッパラーさんと走りませんか? 現在、下記のサイトで申し込みを受付中です。

JALホノルルマラソン2019オフィシャルソング

 サンプラザ中野くん作詞、「ぱっぱらーハワイ」ことパッパラー河合さんが作曲/編曲したJALホノルルマラソン2019オフィシャルソング「ホノルル♡ラブラン」が完成しました。 レースウィークのホノルルでは、スペシャルライブも実施されます。パッパラーさんは、サンプラザ中野くんとともに、参加ランナーの交流の場となる「アロハフライデーナイト」のメインアーティストとして登場します。

画像: JALホノルルマラソン2019オフィシャルソング決定! youtu.be

JALホノルルマラソン2019オフィシャルソング決定!

youtu.be

アロハフライデーナイトで生の演奏を聞こう

「アロハフライデーナイト」は12月6日(金)開催。参加ランナーはもちろんのこと、応援でハワイに来た家族や友人も一緒に楽しむことができる BENTO ボックス付のオフィシャルパーティーです。2人のパワフルで熱いステージを楽しみましょう。オフィシャルソングはもちろん、名曲『RUNNER』も聞けるはず!

JALホノルルマラソンお得な第1期エントリーは10月16日まで!!

 ホノルルマラソン協会日本事務局では、現在、料金がお得な第1期エントリーを受け付けています。大会公式サイトからお申し込みください。

おすすめ記事

ランニングマガジン・クリール 2019年11月号


This article is a sponsored article by
''.