ゆっくりランを楽しむことにかけては右に出る者がいないパッパラー河合さんが、12月8日に開催されるJALホノルルマラソンに挑戦します。還暦を目前にした爆風スランプのギタリストが、制限時間がなく、自分のペースで楽しむことができるリゾートマラソンへの日々を綴ります。

パッパラー、ハワイ大好き人間になる

日本人はハワイが好きだ

♪ 嗚呼 ~あこがれ~のハワイ航路~

なんて歌があるくらいハワイが好きだ

ウニイクラ丼やネギトロ丼と同じくらいハワイが好きだ

「いやいや、ハワイなんて興味ないね」

なんて言うひねくれ者もいるだろう

だがそんな輩も内心ではハワイに憧れている!

と、オレは睨んでいる

なぜなら・・・

以前はオレがそのパターンだったからだ

「ハワイ? 別に・・・」と昔は言っていた

「やっぱり旅行は国内だよ」と昔は言っていた

でも本当は心の隅でハワイを気にしていた

みんな、正月休みに、こぞってハワイに行く

GWに行く、お盆に行く、隙あらば行く

じゃあオレは行かないよッ!

つまりオレは単なるひねくれ者だった

オレがハワイ大好き人間に変わったのは5年前

たった一人で参加したカウアイマラソン

制限時間は8時間だった

フフフ・・・楽勝じゃないか!!

とオレは思ったがコースの半分は山岳地帯だったのだ

画像: パッパラー、ハワイ大好き人間になる

17マイルだから27キロ地点

走りながらの暗算が疲れる

写真のような細い山道をトボトボと歩いて進む

時折、民家があって、そこの住民だろう

水をくれたりお菓子をくれたり、とても優しい

で、ちょっと話し込んじゃったりして

オレ「アイム・ジャパニーズミュージシャン!」

住民「オ~! ホワイ、ランニング?」

オレ「ビコーズ、アイプレイRunner!」

住民「ホワット?」

オレ「走る~ 走る~ オレ~ タ~ チ~! ユ~ノ~?」

住民「ノォ・・・バット GOOD SONG!」

考えてみたらカウアイ島の山奥の住人が

爆風スランプの『Runner』を知ってるワケないんですよ

でもオレもヘロヘロの頭カラッポ状態ですからね

たぶんヘンな日本人だな~と思っただろう

でも皆が優しい、とても優しい

7時間58分でフィニッシュしたときオレは思った

「嗚呼! ハワイを走ってよかった!」

オレは完全にハワイの虜になっていた

そして再びJALホノルルマラソンでハワイに行く

またハワイを走る! 目標は7時間57分以内!

ハワイ記録(自分の)更新だ!

パッパラー河合さん
千葉県出身。
1984 年に爆風スランプのギタリストとしてデビュー。
1996 年ポケットビスケッツから自らの出身地、柏市の御当地アイドル・コズミック☆倶楽部まで様々な音楽プロデュースを手掛けている。近年はマラソンにも取り組んでいて、『ランニングマガジン・クリール』(ベースボールマガジン社)で、コラムを 5 年前から執筆中。フルマラソンのベストは5時間45分。

10月19日 パッパラー河合さんとホノルルを目指す練習会 参加者募集中!

 パッパラー河合さんと制限時間がないJALホノルルマラソンを目指す練習会を10月19日に開催します。ホノルルマラソンを走る人、走りたいと思っている人、いつか走ってみたいと考えている人、一緒にパッパラーさんと走りませんか? 現在、下記のサイトで申し込みを受付中です。

https://honolulumarathon2019.peatix.com/

JALホノルルマラソン2019オフィシャルソング

 サンプラザ中野くん作詞、「ぱっぱらーハワイ」ことパッパラー河合さんが作曲/編曲したJALホノルルマラソン2019オフィシャルソング「ホノルル♡ラブラン」が完成しました。レースウィークのホノルルでは、スペシャルライブも実施されます。パッパラーさんは、サンプラザ中野くんとともに、参加ランナーの交流の場となる「アロハフライデーナイト」のメインアーティストとして登場します。

画像: JALホノルルマラソン2019オフィシャルソング決定! youtu.be

JALホノルルマラソン2019オフィシャルソング決定!

youtu.be

アロハフライデーナイトで生の演奏を聞こう

「アロハフライデーナイト」は12月6日(金)開催。参加ランナーはもちろんのこと、応援でハワイに来た家族や友人も一緒に楽しむことができる BENTO ボックス付のオフィシャルパーティーです。2人のパワフルで熱いステージを楽しみましょう。オフィシャルソングはもちろん、名曲『RUNNER』も聞けるはず!

JALホノルルマラソンお得な第1期エントリーは10月16日まで!!

 ホノルルマラソン協会日本事務局では、現在、料金がお得な第1期エントリーを受け付けています。大会公式サイトからお申し込みください。

おすすめ記事

ランニングマガジン・クリール 2019年11月号


This article is a sponsored article by
''.