ゆっくりランを楽しむことにかけては右に出る者がいないパッパラー河合さんが、12月8日に開催されるJALホノルルマラソンに挑戦します。還暦を目前にした爆風スランプのギタリストが、制限時間がなく、自分のペースで楽しむことができるリゾートマラソンへの日々を綴ります。

銭湯気分で、レース前日にエントリー

さあ、いよいよJALホノルルマラソン本番です

みなさん準備はできてますか?

えええ~ッ? まだ申し込んでない?

そりゃ~イカンなぁ・・・と言いたいトコですが

なんと、まだ大丈夫なんです

12月7日まで、現地でエントリーを受け付けてます

でも実際に「じゃあちょっくらホノルルにでも行くか~」

なんて思い立って、前日エントリーする人います?

近所の銭湯に行くのとはワケが違いますよね

気軽に行ける海外なんてニューヨークぐらいでしょ?

だってほら・・・ニューヨーク・・・入浴(銭湯)・・・

う~ん、イマイチだな

でもね、いるらしいんですよ、前日に申し込む人が

たぶん、家族や仲間の応援でホノルルに来て

ホノルル観光も飽きちゃったな・・・なんて人が

「じゃあワタシも10キロウォークしてみよう」

なんて申し込んだりするんじゃないかなぁ・・・

と思うんですけどね、まあたぶん、そんな感じでしょう

だってね前日には1.6キロ、つまり1マイルだけの

ファンランの「カラカウアメリーマイル」ってのもあるんですよ

たったの1マイルで完走メダルゲットでしょ?

で、帰国したら「ワタシ、ホノルル完走したよ、ホラッ」

と自慢できるワケですよ! ウソはついてないです!

やっぱりいるでしょうね、前日にエントリーする人

画像: JALホノルルマラソンの1週間前にフルマラソン完走! 足慣らしです、足慣らし

JALホノルルマラソンの1週間前にフルマラソン完走! 足慣らしです、足慣らし

目指せ! カピオラニ!

で、オレの準備はどうなのか?

完ッ璧です!

アロハフライデーナイトライブの準備万端です!

まあ、オレとサンプラザ中野くんは

今回のJALホノルルマラソン、演奏がメインですし

すでにデビュー35周年なので

準備ど~のこ~のって段階でもないんですね

問題はフラマラソンの準備なんですが・・・

これも完ッ璧です!

先日、12月1日に湘南国際マラソンを走りました

堂々、6時間14分でフィニッシュです

やっぱりイイですね、フルマラソンの達成感

上の写真はフィニッシュの様子ですけど

どうですか! この余裕の表情と軽やかなステップ!

体も暖まって、関節もほぐれて、いい準備運動になりました

え? 1週間前のフルマラソンが準備運動になるのか?

脚に疲労はないのか?

ええ、まあ、若干ね、見栄を張っています

いや~寒かったですよ、湘南

特に朝がね、気温5度ぐらいでしたから

「あ~ホノルル行きてぇぇぇぇ!」

と心の奥で叫んでました

長かった・・・

やっとホノルルに行ける!

あこがれの! JALホノルルマラソン!

目指せ! カピオラニ!

パッパラー河合さん
千葉県出身。
1984 年に爆風スランプのギタリストとしてデビュー。
1996 年ポケットビスケッツから自らの出身地、柏市の御当地アイドル・コズミック☆倶楽部まで様々な音楽プロデュースを手掛けている。近年はマラソンにも取り組んでいて、『ランニングマガジン・クリール』(ベースボール・マガジン社)で、コラムを 5 年前から執筆中。フルマラソンのベストは5時間45分。ホノルルマラソンは、49回目のフルマラソンになる予定。

JALホノルルマラソン2019オフィシャルソング

 サンプラザ中野くん作詞、「ぱっぱらーハワイ」ことパッパラー河合さんが作曲/編曲したJALホノルルマラソン2019オフィシャルソング「ホノルル♡ラブラン」。レースウィークのホノルルでは、スペシャルライブも実施されます。パッパラーさんは、サンプラザ中野くんとともに、参加ランナーの交流の場となる「アロハフライデーナイト」のメインアーティストとして登場します。

画像: JALホノルルマラソン2019オフィシャルソング決定! youtu.be

JALホノルルマラソン2019オフィシャルソング決定!

youtu.be

アロハフライデーナイトで生の演奏を聞こう

「アロハフライデーナイト」は12月6日(金)開催。参加ランナーはもちろんのこと、応援でハワイに来た家族や友人も一緒に楽しむことができる BENTO ボックス付のオフィシャルパーティーです。2人のパワフルで熱いステージを楽しみましょう。オフィシャルソングはもちろん、名曲『RUNNER』も聞けるはず!

JALホノルルマラソンは前日までエントリーを受け付けています

 ホノルルマラソンでは、レース前日の土曜日まで、エントリーを受け付けています。休みが取れたので、パッパラーさんと一緒に走りたいという方は、現地でのエントリーを検討ください。


This article is a sponsored article by
''.