ゆっくりランを楽しむことにかけては右に出る者がいないパッパラー河合さんが、12月8日に開催されるJALホノルルマラソンに挑戦します。還暦を目前にした爆風スランプのギタリストが、制限時間がなく、自分のペースで楽しむことができるリゾートマラソンへの日々を綴ります。

2週連続のフルマラソン!

アロ〜ハ!

数時間前にJALホノルルマラソンから帰還しました

いまホテルの部屋でパソコンのキーボード叩いてます

え〜っとマラソンの結果はですね・・・

実は・・・ものすごく暑くて・・・

ここ数年でイチバン暑かったようです

完全にピーカンでしたからね

気温はグイグイ上昇して28度!

マラソンに暑さは大敵ですから厳しかったですホント

暑さでリタイヤしたひとも、結構いるんじゃない?

でね、暑さだけでも厳しいのに

オレなんて2週連続フルマラソンでしょ?

フツウは無理ですよ〜

完走なんてムリムリ〜ッ

脚パンパンでキビシィ〜ですよ

でもでも・・・

ナントォ・・・

完走しました!

プププッ! パンパカパ〜ン!(ファンファーレ)

(ヒュ〜ゥゥ・・・ドォ〜ン! パラパラ(打ち上げ花火)

画像: 2週連続のフルマラソン!

ホノルルは8時間がボリュームゾーン!

記録はネットで7時間49分です

まあ本気ランナーと比べると壊滅的に遅いです

でもオレは大満足です

30キロからは歩いてました

海を見てノンビリと歩きました

カメハメハ大王と心が通じた気もしました

そ〜ゆ〜ランがあってもいいのではないか?

まさに、ゆるランパラダイス! であります

でもオレだけ遅かったワケじゃないんですよ

日本の大会だったら8時間近くのタイムじゃ

周囲に誰もいません

でもホノルルはココがボリュームゾーン

仲間がたくさんいるんです

そもそも日本に時間無制限の大会はありません

でもホノルルは無制限

自分の好きなペースで走っていい、歩いていい

なんなら昼寝したってかまわない

まさに、ゆるランパラダイス! であります

え? それはさっきも言っただろ?

まあまあ、気にしないでユル〜く行きましょうよ

ホントに今回は走れてよかった

ランナー仲間に「ホノルルは別格」と聞いていた

ほんと日本とは雰囲気が違った

簡単に言うと

日本のマラソンは競技

ホノルルマラソンはレジャー

暑いからタイムは出ない

でもそれでイイんだって気分にさせる

そんな空気がホノルルには流れているのです

また来よう!

そんな気分になったホノルルマラソンだった

ありがとう! ホノルル!

パッパラー河合さん
千葉県出身。
1984 年に爆風スランプのギタリストとしてデビュー。
1996 年ポケットビスケッツから自らの出身地、柏市の御当地アイドル・コズミック☆倶楽部まで様々な音楽プロデュースを手掛けている。近年はマラソンにも取り組んでいて、『ランニングマガジン・クリール』(ベースボール・マガジン社)で、コラムを 5 年前から執筆中。フルマラソンのベストは5時間45分。ホノルルマラソンは、49回目のフルマラソンになる予定。

ホノルルハーフマラソン・ハパルア第1期エントリー受付中!

 JALホノルルマラソンのシスターレースのホノルルマラソン・ハパルアは、2020年4月5日(日)に開催されます。日本事務局では、現在、お得な第1期エントリーを受付中です。2020年1月15日(水)までに申し込むと一般エントリー料が13,000円(第2期は16,000円)です。


This article is a sponsored article by
''.