ボストンマラソンを主催するボストンアスレチックアソシエーション(B.A.A.)は、第124回ボストンマラソンがバーチャルイベントとして開催されることを5月28日、公式サイトで発表した。

上の写真 ボストンマラソンの沿道。名門女子大学のウエズリーカレッジ前。WELLESLEY, MA - APRIL 17: Boston Marathon runners make their way past Wellesley College, near the half-way mark of the marathon. (Photo by Kayana Szymczak/Getty Images)

 今年のボストンマラソンは、当初4月20日に予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、9月14日に延期すると発表されていた。バーチャルボストンマラソンは、9月の第2週に開催される。

 B.A.A.のトム・グリクC.E.O.は「私たちの最優先事項は、コミュニティー、ならびに私たちのスタッフ、参加者、ボランティア、観客、そしてサポーターの健康を守ることです」と述べている。

  バーチャルボストンマラソンは、実施期間内の同じ日に、6時間以内で42.195kmの距離を連続して走り、B.A.A.に記録を申告するというもの。今年の大会にエントリーしたすべての参加者には、参加費が払い戻され、このヴァーチャルイベントへの参加権が付与される。完走者には、オフィシャルプログラムやTシャツ、メダルなどが送られる。ヴァーチャルマラソンについての詳細は、近日中に今年の大会に参加予定だったランナーに、メールなどで通知される予定だ。

おすすめ記事

ランニングマガジン・クリール 2020年7月号


This article is a sponsored article by
''.