『高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018』の最終節となる第18節が12月9日に行なわれた。
1節を残して鹿島アントラーズユースの優勝が決まっていたEASTでは、柏レイソルU-18とFC東京U-18が対戦した。EAST残留を争っていた9位のFC東京は34分に寺山翼がゴールを決め、この1点を守り切って1-0の勝利を収めた。しかし、残留を争っていた浦和レッドダイヤモンズユースとジュビロ磐田U-18が手堅く勝ち点1を積み重ねたため、FC東京は両チームにあと一歩届かず、降格圏から抜け出すことができなかった。EASTは9位のFC東京と10位の富山第一高校がプリンスリーグに降格することとなった。
WESTでは、前節首位に立ったサンフレッチェ広島F.Cユースと勝ち点1差で追う2位の京都サンガF.C. U-18が対戦した。広島は、大堀亮之介が17分にゴールを奪って1-0で試合を折り返すと、後半に怒涛のゴールラッシュを見せる。京都に1点は奪われたものの、大堀がハットトリックを達成するなど6-1のスコアで大勝を収め、広島が2年ぶりにWEST優勝を果たした。なお、WESTは9位の阪南大学高校と10位の米子北高校がプリンスリーグに降格することとなっている。
これで全18節が終了した。EASTからは鹿島アントラーズユース、WESTからはサンフレッチェ広島F.Cユースが出場する『高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 ファイナル』は、12月15日に埼玉スタジアムで行なわれる。
(情報提供:日本サッカー協会)

※上のメイン写真=WEST優勝を果たしたサンフレッチェ広島F.Cユース
©JFAnews/SMD

画像: 柏レイソルU-18×FC東京U-18 ©JFAnews/SMD

柏レイソルU-18×FC東京U-18 ©JFAnews/SMD

<監督コメント>
山中真・監督(柏レイソルU-18)
「3年生にとっては柏アカデミーとしてラストの試合でした。そのモチベーションを勝利につなげるために彼らを起用しました。敗れた悔しさはありますが、プレミアリーグではどのチームもプレッシャーが厳しく、簡単にボールを取れないし、ゴールも決めさせてくれない。その中で選手たちは「どのような状況になっても攻撃的に戦う」姿勢を貫いてくれました。1年を通して苦しい時期もありましたが、選手自身で考え、修正を施し、主体性を持ってたくましく成長していったと思います。彼らの先につながる1年だったとも感じています」

佐藤一樹・監督(FC東京U-18)
「自分たちが勝ち点3を獲るために、準備してきたことを表現し、この1年間の取り組みや生きざまも見せようとしたゲームでした。個々の成長を最大の目標としてU-23チームにも選手を送り出す中、選手たちは必死に戦う姿勢を示してくれたり、成長した姿を見せてくれたりしました。最後に表現した『維持』は、FC東京の歴史と伝統を継承できた証かもしれません。それがもう少し早い時期にできていれば……という悔いがないわけではありませんが、選手たちのサッカーは続きます。それぞれの悔しさをバネとしてレベルアップしてほしいです」

画像: サンフレッチェ広島F.Cユース×京都サンガF.C. U-18 ©JFAnews/SMD

サンフレッチェ広島F.Cユース×京都サンガF.C. U-18 ©JFAnews/SMD

<監督コメント>
沢田謙太郎・監督(サンフレッチェ広島F.Cユース)
「1番の目標はプレミアリーグで勝ち続けて、1番上に立つことでした。前節初めて首位に立ち、優勝できました。彼らを評価したいです。『前期だけ良かった』とか、『夏や秋だけ良かった』というのは、どのチームにもあります。私たちも1年通して全部が良かったわけではありませんが、大崩れしませんでした。それがなければ今がありません。拮抗して上位争いが団子状態になった中でチャンスが巡ってきたのは、彼らの粘りと勝ちに対する意欲がどんどん高まっていったからだと思います」

山下弘樹・監督(京都サンガF.C. U-18)
「広島には前期の対戦では0-2で負けていました。今回、最終戦で対戦させてもらえたのは選手にとっていい経験になりました。6失点しましたが、最後の最後まで点を取りにいく姿勢を見せてくれた選手たちを誇りに思います。後半に連続失点しても彼らを信じていたので、『粘り強く戦おう』と声をかけていました。優勝は逃しましたが、育成スタッフ、保護者、遠くまで来てくださるサポーターの皆さんの支えがあってここまで戦えました。注目される中で活躍するのが、プロになるには絶対に必要です。『平常心を保って自分たちのサッカーを貫いていけるか』という課題は全選手の今後の財産になったと思います」

【第18節 試合結果 ※( )内は最終順位】
EAST:
柏レイソルU-18(5位)
0-1
FC東京U-18(9位=プリンスリーグ自動降格)

市立船橋高校(6位)
0-3
青森山田高校(2位)

清水エスパルスユース(3位)
3-0
富山第一高校(10位=プリンスリーグ自動降格)

鹿島アントラーズユース(優勝=ファイナル進出)
1-0
流通経済大学付属柏高校(4位)

ジュビロ磐田U-18(8位)
0-0
浦和レッドダイヤモンズユース(7位)

WEST:
サンフレッチェ広島F.Cユース(優勝=ファイナル進出)
6-1
京都サンガF.C. U-18(3位)

ガンバ大阪ユース(2位)
5-2
阪南大学高校(9位=プリンスリーグ自動降格)

セレッソ大阪U-18(6位)
4-0
米子北高校(10位=プリンスリーグ自動降格)

アビスパ福岡U-18(8位)
2-3
東福岡高校(5位)

名古屋グランパスU-18(3位)
3-1
ヴィッセル神戸U-18(7位)

【出場チーム】
EAST:
青森山田高校(青森県)、鹿島アントラーズユース(茨城県)、浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉県)、市立船橋高校(千葉県)、柏レイソルU-18(千葉県)、流通経済大学付属柏高校(千葉県)、FC東京U-18(東京都)、富山第一高校(富山県) 、清水エスパルスユース(静岡県)、ジュビロ磐田U-18(静岡県)

WEST:
名古屋グランパスU-18(愛知県)、京都サンガF.C. U-18(京都府)、阪南大学高校(大阪府)、ガンバ大阪ユース(大阪府)、セレッソ大阪U-18(大阪府)、ヴィッセル神戸U-18(兵庫県)、米子北高校(鳥取県)、サンフレッチェ広島F.Cユース(広島県)、アビスパ福岡U-18(福岡県)、東福岡高校(福岡県)

【今後の大会日程】
『プレミアリーグファイナル』:12月15日(土)
『プレミアリーグ プレーオフ』:12月14日(金)、16日(日)


This article is a sponsored article by
''.