1:エリアを変える「3対1」

画像: クルゼイロ メニュー01 youtu.be

クルゼイロ メニュー01

youtu.be
画像: 1:エリアを変える「3対1」

進め方:各エリアで「3対1」を行なう(守備者はビブスを持つ)。コーチが笛を吹いたら隣のエリアに素早く移動する(笛を1回吹いたら時計回りに、2回吹いたら反時計回りに移動する。守備者はビブスをその場に置いて移動)。エリア移動が最も遅かった選手がビブスを持って守備者となる(※実際のトレーニングでは、人数の関係で「4対1」で行なっているエリアもありました)

ポイント:移動における素早い状況判断。ボール保持側はパスコースをつくる。守備者は半身で守備し、パスコースを切る

2:パス回し後のシュート

画像: クルゼイロ メニュー02 youtu.be

クルゼイロ メニュー02

youtu.be
画像: 2:パス回し後のシュート

進め方:ペナルティーエリアの前で3~4人でパスを回し、シュート

ポイント:効果的なシュート・フェイント。顔を上げてGKの状態を見る

3:ヘディング・バレー

画像: クルゼイロ メニュー03 youtu.be

クルゼイロ メニュー03

youtu.be
画像: 3:ヘディング・バレー

進め方:ペアになり、1人が手でボールを投げて1人がヘディング。ヘディングしたボールが相手にキャッチされずに相手コートの枠内に落ちたら1点

ポイント:苦手意識を持つ子供が多い傾向にあるヘディングの克服、ヘディング時のいい姿勢、ボールの当て方

4:「6対6」+2GK+フリーマン

画像: クルゼイロ メニュー04 youtu.be

クルゼイロ メニュー04

youtu.be

進め方:フリーマンはボール保持側をサポート。コーチはタッチラインに立ち、一方のチームのボールが外に出たりしたら、もう一方のチームに素早く配球する

ポイント:積極的なシュートの意識、攻守の切り替え

画像: ブラジルから来日し、子供たちの指導にあたったカレカコーチ(左)とビトコーチ

ブラジルから来日し、子供たちの指導にあたったカレカコーチ(左)とビトコーチ


This article is a sponsored article by
''.