12月7日の試合で、全9地域で行なわれていた『高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2019』が終了した。各地域の上位進出チームは12月13日、15日に行なう『高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019 プレーオフ』に出場する。日程と対戦カードは以下の通りだ。

上の写真=昨年度の『高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019 ファイナル』

日程

1回戦 2019年12月13日(金)
2回戦 2019年12月15日(日)

対戦カード

画像: 対戦カード

会場

<1回戦>

広島広域公園 第一球技場
広島広域公園 補助競技場
コカ・コーラ ボトラーズジャパン広島スタジアム
エディオンスタジアム広島

<2回戦>

コカ・コーラ ボトラーズジャパン広島スタジアム
広島広域公園 第一球技場

参加チームとその数

『高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2019』の9地域(北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州)成績上位の計16チーム(プレミアリーグ所属チームのセカンドチームは含まない)

北海道:2チーム、東北:2チーム、関東:3チーム、北信越:2チーム、東海:1チーム、関西:1チーム、中国:2チーム、四国:1チーム、九州:2チーム

各地域の出場枠は、『高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2019』各地域参加チーム(プレミアリーグ所属チームのセカンドチームは含まない)の2種各連盟大会における成績ポイントで算出

大会形式

16チームを4つのグループに分け勝ち抜き戦を行ない、合計4チームの勝者を決定する。最終的な4チームの勝者へは次年度の『高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ』参入の権利が与えられる

画像: 『高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2019 ファイナル』は12月15日に埼玉スタジアムで行なわれる

『高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2019 ファイナル』は12月15日に埼玉スタジアムで行なわれる

『高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2019』
各地域の最終結果

北海道

画像: ※コンサドーレ札幌U-18と旭川実業高校がプレーオフ出場権を獲得

※コンサドーレ札幌U-18と旭川実業高校がプレーオフ出場権を獲得

東北

画像: ※モンテディオ山形ユースとベガルタ仙台ユースがプレーオフ出場権を獲得(プレミアリーグにファーストチームが所属する青森山田高校には出場資格がない)

※モンテディオ山形ユースとベガルタ仙台ユースがプレーオフ出場権を獲得(プレミアリーグにファーストチームが所属する青森山田高校には出場資格がない)

関東

画像: ※FC東京U-18と横浜F・マリノスユースと横浜FCユースがプレーオフ出場権を獲得

※FC東京U-18と横浜F・マリノスユースと横浜FCユースがプレーオフ出場権を獲得

北信越

画像: ※帝京長岡高校と富山第一高校がプレーオフ出場権を獲得

※帝京長岡高校と富山第一高校がプレーオフ出場権を獲得

東海

画像: ※JFAアカデミー福島U-18がプレーオフ出場権を獲得

※JFAアカデミー福島U-18がプレーオフ出場権を獲得

関西

画像: ※阪南大学高校がプレーオフ出場権を獲得

※阪南大学高校がプレーオフ出場権を獲得

中国

画像: ※岡山学芸館高校と米子北高校がプレーオフ出場権を獲得

※岡山学芸館高校と米子北高校がプレーオフ出場権を獲得

四国

画像: ※徳島ヴォルティスユースがプレーオフ出場権を獲得

※徳島ヴォルティスユースがプレーオフ出場権を獲得

九州

画像: ※サガン鳥栖U-18と大分トリニータU-18がプレーオフ出場権を獲得

※サガン鳥栖U-18と大分トリニータU-18がプレーオフ出場権を獲得

引用=JFA.jp
https://www.jfa.jp/

関連記事

サッカークリニック 2020年1月号


This article is a sponsored article by
''.