日本サッカー協会は2020年度の高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグの概要を発表し、EAST、WESTそれぞれの所属チームが明らかになった。昨年度のプレーオフの結果もあり、関東から8チームがEASTに所属することになった。

上のメイン写真=2019年度の高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグEASTを制し、名古屋グランパスU-18(WEST王者)とのファイナルにも勝った青森山田高校 (C)中島光明

各リーグ所属チーム

<EAST>

青森山田高校(青森県)
浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉県)
大宮アルディージャU18(埼玉県)
市立船橋高校(千葉県)
柏レイソルU-18(千葉県)
流通経済大学付属柏高校(千葉県)
FC東京U-18(東京都)★
横浜F・マリノスユース(神奈川県)★
横浜FCユース(神奈川県)★
清水エスパルスユース(静岡県)

<WEST>

ジュビロ磐田U-18(静岡県)
名古屋グランパスU-18(愛知県)
京都サンガF.C. U-18(京都府)
ガンバ大阪ユース(大阪府)
セレッソ大阪U-18(大阪府)
ヴィッセル神戸U-18(兵庫県)
サンフレッチェ広島F.Cユース(広島県)
東福岡高校(福岡県)
サガン鳥栖U-18(佐賀県)★
大津高校(熊本県)

★:新規参入チーム

画像: 2019年度は名古屋グランパスU-18とのファイナルで決勝ゴールを挙げた松木玖生(7)。新2年生となる2020年度シーズンはどんなプレーを見せるか (C)中島光明

2019年度は名古屋グランパスU-18とのファイナルで決勝ゴールを挙げた松木玖生(7)。新2年生となる2020年度シーズンはどんなプレーを見せるか (C)中島光明

大会方式

出場20チームをEASTとWESTで10チームずつに分け、それぞれホーム&アウェー方式の総当たり戦(18試合)を実施する。EASTとWESTそれぞれの優勝チームはファイナル出場権を獲得する。 また、EASTとWESTそれぞれの下位2チームは2021年度のプリンスリーグへ自動降格する。 2020度プリンスリーグの上位16チーム(各地域のプレーオフ出場枠は、北海道:1 東北:2 関東:3 北信越:2 東海:2 関西:1 中国:2 四国:1 九州:2)はプレミアリーグプレーオフへの出場資格を獲得し、勝利した4チームが2021年度のプレミアリーグ出場権を獲得する

日程

4月4日(土)~12月6日(日)
ファイナル:12月13日(日)
プレーオフ:12月11日(金)、13日(日)

関連記事

サッカークリニック 2020年2月号


This article is a sponsored article by
''.