2020年のプリンスリーグが4月に開幕。全9地域で約1年間のリーグ戦が行なわれ、上位進出チームにはプレミアリーグ昇格をかけたプレーオフ出場権が与えられる。Vol.2は、北信越、東海、関西の出場チームを紹介。

上のメイン写真=第98回全国高校サッカー選手権大会で優勝を果たした静岡学園高校(静岡県)は今年もプリンスリーグ東海を戦う。写真はU-18日本代表に選ばれた右サイドバック田邉秀斗(4) (C)小山真司

プリンスリーグ北信越(10チーム)

・帝京長岡高校(新潟県)
・富山第一高校(富山県)
・丸岡高校(福井県)
・アルビレックス新潟U-18(新潟県)
・北越高校(新潟県)
・星稜高校(石川県)
・新潟明訓高校(新潟県)
・カターレ富山U-18(富山県)
・松本山雅FC U-18(長野県)
・ツエーゲン金沢U-18(石川県)

プリンスリーグ東海(10チーム)

・JFAアカデミー福島U-18(静岡県)
・静岡学園高校(静岡県)
・清水桜が丘高校(静岡県)
・藤枝東高校(静岡県)
・帝京大学可児高校(岐阜県)
・浜松開誠館高校(静岡県)
・富士市立高校(静岡県)
・藤枝明誠高校(静岡県)
・常葉大学附属橘高校(静岡県)
・四日市中央工業高校(三重県)

プリンスリーグ関西(10チーム)

・阪南大学高校(大阪府)
・京都橘高校(京都府)
・東海大学付属大阪仰星高校(大阪府)
・興國高校(大阪府)
・金光大阪高校(大阪府)
・三田学園高校(兵庫県)
・大阪桐蔭高校(大阪府)
・初芝橋本高校(和歌山県)
・履正社高校(大阪府)
・大阪産業大学附属高校(大阪府)

画像: 2019年度のプリンスリーグ北信越を制した帝京長岡高校(新潟県)。ボランチの川上航立(6)はボール奪取力と正確な配球が持ち味 (C)金子悟

2019年度のプリンスリーグ北信越を制した帝京長岡高校(新潟県)。ボランチの川上航立(6)はボール奪取力と正確な配球が持ち味 (C)金子悟

画像: 2020年度のプリンスリーグ東海参入を決めた四日市中央工業高校(三重県)。宮木優一(16)は豊富な運動量と技術力が魅力の中盤の要 (C)福地和男

2020年度のプリンスリーグ東海参入を決めた四日市中央工業高校(三重県)。宮木優一(16)は豊富な運動量と技術力が魅力の中盤の要 (C)福地和男

Vol.1の北海道、東北、関東のリストはこちら

関連記事

サッカークリニック 2020年3月号


This article is a sponsored article by
''.