9月12日、13日に「高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ 2020 関東」第2節の4試合が行なわれた。その中で横浜F・マリノスユースは浦和レッドダイヤモンズユースを4-1で下し、今季初勝利を手にした。

上の写真=雨の中で行なわれた横浜F・マリノスユース×浦和レッドダイヤモンズユース。横浜FMは、キャプテンマークを巻く中村翼がハットトリックの活躍を見せるなど、4-1で快勝を収めた (C)Walnix

第2節結果

<MATCH 05>

FC東京U-18
2-0
大宮アルディージャU18
得点者:F=青木友佑(30分)、角昂志郎(39分)、大=なし

<MATCH 06>

横浜FCユース
3-1
市立船橋高校
得点者:横=中川敦瑛(39分)、堀越拓馬(42分)、原大貴(90+2分)、市=平良碧規(64分)

<MATCH 07>

流通経済大学付属柏高校
2-0
柏レイソルU-18
得点者:流=森山一斗(7分)、三好麟大(90分)、柏=なし

<MATCH 08>

横浜F・マリノスユース
4-1
浦和レッドダイヤモンズユース
得点者:横=星野創輝(20分)、中村翼3(47分、53分、90+1分)、浦=工藤孝太(84分)

画像: 横浜F・マリノスユースは20分の星野創輝(9、右端)のゴールを皮切りに4得点 (C)Walnix

横浜F・マリノスユースは20分の星野創輝(9、右端)のゴールを皮切りに4得点 (C)Walnix

指導者コメント

筒井紀章監督(横浜F・マリノスユース)

「しっかりと選手たちが90分間戦ってくれました。今日もうちの選手たちも足をつる選手が出ていて、公式戦の緊張感がある中での試合をしていなかった影響はあったと思います。ただ、本当に選手たちにとって良い環境のリーグですので、その中でしっかりとやってくれています。自粛明けから、『みんなでサッカーができる』という喜びを感じながら選手たちもやっていますし、このリーグ戦がまた始まるということで気持ちも高まったと思います」

池田伸康監督(浦和レッドダイヤモンズユース)

「内容的には良くないですし、厳しい試合でした。良いところがなかなか出せませんでした。攻撃のつながりがなかったこともそうですが、球際のところ、セカンドボールを拾うところ、そういう部分で全部負けてしまっていた。システムとか言う以前の、サッカーの本質の部分で負けたことが敗因です。その中で一つ良かったのは、交代で出てきた選手たちがアグレッシブにやってくれたこと。次はもっとアグレッシブに戦いたいと思います」

順位表(第2節終了時点)

画像: 順位表(第2節終了時点)

大会情報

INFORMATION

公式Twitterアカウントを開設

日本サッカー協会は、高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ公式Twitterアカウントを開設した。当アカウントでは、大会プロモーション活動はもちろんのこと、高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグをはじめとする第2種(U-18、高校年代)の情報を広く発信している。

アカウント名
@jfa_u18

URL
https://twitter.com/jfa_u18

ハッシュタグ
#高円宮U18

関連記事

サッカークリニック2020年10月号

サッカークリニック2020年9月号

サッカークリニック2020年8月号

ジュニアサッカークリニック2020


This article is a sponsored article by
''.