4月13日(土)、14日(日)に愛知県名古屋市・パロマ瑞穂野球場にで開幕節が開催される日本女子ソフトボールリーグ。その開幕カウントダウン企画として、1部リーグ全12チームの情報を毎日1チームずつアップしていく。

※昨季7位のSGホールディングス ギャラクシースターズ
写真◎矢野寿明(ソフトボール・マガジン)

昨季7位:SGホールディングス ギャラクシースターズ

 昨季は、結果的には一昨季より順位を2つ落として7位に終わったが、四強争いに絡むことができた。「2017年の勢いを維持でき、投手力が向上したことがその要因」と小林良美監督は話す。オーストラリア代表でもあるカーヤ・パーナビーが一昨季よりも成績を落とした一方で、5勝を挙げた日本人投手・加藤あずさの活躍が目立った。

 小林体制3年目となる今季のチームスローガンは『破壊力!!』。機動力を使った攻撃的なソフトボールを展開し、決勝トーナメント進出を狙う。

画像: 昨季7位:SGホールディングス ギャラクシースターズ

 そのほかの日本女子ソフトボールリーグの情報は、『2019日本リーグ展望』特集のソフトボール・マガジン5月号(3月23日発売)で! 女子1部&2部全26チームの詳しい選手情報を掲載した『2019日本女子リーグ全選手写真名鑑』が付録で付いてきます。お近くの書店さん、アマゾン等でお買い求めください。


This article is a sponsored article by
''.