6月13日から23日までチェコ・プラハにて開催される『第16回世界男子ソフトボール選手権大会』。ソフトボール・マガジンWEBでは、そのカウントダウン企画として、代表メンバー17名をポジションごとに紹介してく(全4回)。

※2000年大会の準優勝以来、19年ぶりのメダル獲得を目指す男子日本代表
写真◎ソフトボール・マガジン編集部

凡例:①生年月日(2019年度での満年齢)②投打 ③身長・体重 ④出身地 ⑤経歴 ⑥主な日本代表歴(世:世界選手権、Jr:世界ジュニア)

投手

池田空生(いけだ・ひろき)
所属:花王コスメ小田原
①1995.6.15生(24歳)
②右投右打
③190cm97kg
④神奈川
⑤伊勢原高(神奈川)-国士舘大(東京)
⑥-
【寸評】
代表初選出、身長190㌢の大型右腕。鋭く浮き上がるライズボールを武器に世界に挑む。

画像: 池田空生 写真◎本人提供

池田空生 写真◎本人提供

小山玲央(こやま・れお)
所属:日本体育大学
①1998.5.9生(21歳)
②右投右打
③179cm83kg
④長崎
⑤佐世保西高(長崎)
⑧16Jr
【寸評】
現役大学生でMAX 130㌔を投げ込む日本最速右腕。16年世界ジュニアの優勝投手でもある。

画像: 小山玲央 写真◎ソフトボール・マガジン編集部

小山玲央 写真◎ソフトボール・マガジン編集部

高橋速水(たかはし・はやみ)
所属:高知パシフィックウェーブ
①1987.9.15生(32歳)
②右投右打
③179cm75kg
④高知
⑤岡豊高(高知)-日本体育大(東京)
⑥05Jr、13世、15世、17世
【寸評】
世界選手権4大会連続出場の頼れる右腕。また、主将としても若いチームをけん引する。

画像: 高橋速水 写真◎ソフトボール・マガジン編集部

高橋速水 写真◎ソフトボール・マガジン編集部

寺原瑞希(てらばる・みずき)
所属:旭化成
①1996.11.22生(23歳)
②右投右打
③183cm81kg
④宮崎
⑤日向工業高(宮崎)
⑥-
【寸評】
代表初選出の右腕。今年2月のTABチャレンジカップでの経験を生かして、世界に羽ばたく。

画像: 寺原瑞希 写真◎旭化成提供

寺原瑞希 写真◎旭化成提供

松田光(まつだ・ひかる)
所属:平林金属
①1986.12.17生(33歳)
②右投右打
③176cm80kg
④千葉
⑤千葉敬愛高(千葉)-京都産業大(京都)
⑥05Jr、13世、15世、17世
【寸評】
日本男子ソフトボール界の至宝。国際経験豊富な、パワーとテクニックを兼備した二刀流。

画像: 松田光 写真◎平林金属提供

松田光 写真◎平林金属提供

山脇佑也(やまわき・ゆうや)
所属:デンソー
①1992.5.17生(27歳)
②右投左打
③173cm72g
④高知
⑤高知工業高(高知)
⑥17世
【寸評】
世界選手権は2度目、中堅選手へと成長を遂げた。多彩な変化球を武器に粘り強く投げる。

画像: 山脇佑也 写真◎ソフトボール・マガジン編集部

山脇佑也 写真◎ソフトボール・マガジン編集部

『第16回世界男子ソフトボール選手権大会 結団式・壮行会』の記事はココから。

 男子日本代表の選手名鑑、片岡大洋選手、小山玲央選手のインタビューを掲載しているソフトボール・マガジン7月号は、現在発売中です。


This article is a sponsored article by
''.