6月22日(土)、『日米対抗ソフトボール2019』が開幕。宮城・シェルコムせんだいを舞台に行われた第1戦は、日本が6対4で逆転勝利を収めた。第2戦は23日(日)に同会場で、第3戦は25日(火)に東京ドームにて開催される。

■第1戦
アメリカ 0120100|4
日  本 003300X|6
【ア】ケイラニ・リケッツ、●アリー・カルダ、ケイラニ・リケッツ-オーブリー・ムンロ
【日】尾崎望良、〇勝股美咲、岡村奈々-清原奈侑、青木千春
[本]ディレイニー・スポールディング(ア)、山本優、森さやか(日)
[二]江口未来子、原田のどか(日)

先制許すも逆転勝ち 

 先制したのはアメリカ。2回に九番・ケルシー・スチュワートの適時打で1点を奪うと、3回には五番・ディレイニー・スポールディングが2ランをマークした。

 しかしその直後、日本が反撃に出る。暴投で1点を返すと、代打・市口侑果の2点適時打で試合を振り出しに戻す。3対3で迎えた4回には、四番・山本優、五番・森さやかから連続本塁打が飛び出し、点差を広げた。

 その後、日本は5回に1点を失ったものの、継投でこのリードを守り切り、第1戦を白星で飾った。

画像: 「(本塁打を狙わず)次の打者につなぐことだけを考えて打席に入った」という山本優 写真◎ソフトボール・マガジン編集部

「(本塁打を狙わず)次の打者につなぐことだけを考えて打席に入った」という山本優
写真◎ソフトボール・マガジン編集部

画像: 3回に2ランを放ったスポールディングを迎え入れるアメリカベンチ 写真◎ソフトボール・マガジン編集部

3回に2ランを放ったスポールディングを迎え入れるアメリカベンチ
写真◎ソフトボール・マガジン編集部

 試合の詳細は、7月24日(水)発売のソフトボール・マガジン9月号に掲載予定。また、日米対抗の大会概要、市口侑果選手、尾崎望良選手のインタビューを掲載しているソフトボール・マガジン7月号は、現在発売中です。


This article is a sponsored article by
''.