2020年3月29日(日)、大阪大谷大学にて『日本ソフトボール研究会 指導技術向上勉強会』が開催されます。ソフトボール指導者のための勉強会で、昨年に続いて2度目の開催となります。興味のある方は参加されてみては。

 主催する日本ソフトボール研究会は、指導法の研究や開発、その情報交換を目的に2017年3月から大学チームの指導者を中心に大会を開催してきました。その活動に加えて、昨年度からは研究会会員が有する指導法を、小中学校、高校の指導者など、ソフトボールに携わる多くの指導者に紹介しています。講師は、木田京子氏(園田学園女子大学監督)、泉健介氏(東北福祉大学コーチ)です。

■日時:2020年3月29日(日)10:00~12:30(受付9:30~)
■会場:大阪大谷大学(大阪府富田林市錦織北3-11-1/19-103教室)
■アクセス(最寄駅):近鉄南大阪線「滝谷不動駅」
■内容:
企画①捕手の育成_木田京子氏(園田学園女子大学監督)
「基本技術から配球の基本を含めた捕手育成法」
企画②戦略・戦術に活用するデータ収集_泉健介氏(東北福祉大学コーチ)
「投手や打者、戦術を紐解く~持続可能なチームでのデータマネジメント~」
■参加費:1,000円
■申し込み:kodamak@osaka-ohtani.ac.jp
氏名、所属先名を明記し、勉強会に参加の旨を大阪大谷大学・児玉公正宛にメール送信。
■締め切り:2020年2月29日(土)17:00


This article is a sponsored article by
''.