※写真上=逸ノ城に叩き込まれ、2敗目を喫した稀勢の里
写真:月刊相撲

逸ノ城(叩き込み)稀勢の里

 初日、左差しにこだわって御嶽海に敗れた稀勢の里。2日目は巨漢の逸ノ城を突き押しで攻めた。がむしゃらに前に出て重い相手を土俵際まで押し込んだが、イナされて泳ぐと焦ってしまった。上体だけで前に出て足が出ず、前のめりになったところを叩き込まれ、バッタリと落ちた。

 敗れた後、しばらく動けなかった稀勢の里だが、軽く首を振って起き上った顔は、吹っ切れたような表情だった。引退を決意したのか、この日の内容ならまだ取れると思ったのか。取組後の支度部屋では言葉を発せず国技館をあとにしたので、真意はわからない。

 師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は取材に応じ、「場所は終わっていない。明日もある」と稀勢の里の気持ちを代弁。「もちろん、3日目も出場させるつもり」と語った。

 土俵下で勝負を見守った藤島審判長(元大関武双山)は、「まだ2日目。攻めて前に落ちている分、初日よりはいいんじゃないか」と振り返った。八角理事長(元横綱北勝海)は、「とにかく気持ちが大事」と力説。協会としても何とか稀勢の里に復活してもらいたいと願っている。

 果たして、稀勢の里は3日目の土俵に上がるのか。相手は先場所、4敗目を喫した栃煌山。ひと晩、考えて、朝に引退を表明する可能性もあるかもしれない。稀勢の里にとって、眠れぬ夜となりそうだ。

文=山口亜土


This article is a sponsored article by
''.