※写真上=肩の痛みは残るものの、久々の長距離で復調の手ごたえをつかんだ江原
写真◎菅原淳(スイミング・マガジン)

 日本選手権の行方を占うコナミオープン2019初日が2月16日に行なわれた。

 代表争いのレベルで見ると、全体的に記録は低調の印象が拭えなかった。この冬、好調を維持している瀬戸大也(ANA)は男子400m個人メドレーで4分10秒03、同じく大橋悠依(イトマン東進)は女子400m個人メドレーで4分37秒36で制したものの、その記録は納得のいくものではなく、コメントでは課題が多く目についた。

 そんな中、自由形中・長距離のベテラン、江原騎士(自衛隊体育学校)が男子1500m自由形で15分12秒93で優勝し、復調ぶりをアピール。江原はここ数年悩まされてきた慢性的な肩の痛みを解消すべく、昨年のアジア大会終了後はリハビリに専念。年末から泳ぎ始めるなか、「200mなど短い距離でスピードを出そうとすると肩に痛みを感じるが、長い距離ではスムースに泳げる。キックが強化されてきた実感はある」と手応えを感じていた。

 もっとも日本選手権における1500m自由形出場は否定し、200、400、800m自由形で出場する模様だ。

 今大会、会場入口には、12日に白血病の診断を受けたことを公表した池江璃花子(ルネサンス)へのメッセージフラッグが設置され、多くの来場者が応援メッセージを寄稿。この日だけで150cm×100cm四方のフラッグ3枚分にところ狭しと書き込まれた。

画像: 【競泳】江原が1500自制す。池江の応援メッセージも多数寄稿される

出場選手、観戦者含め多くの人々が池江への応援メッセージを書き込んでいた
写真◎菅原淳(スイミング・マガジン)

This article is a sponsored article by
''.