※写真上=闘病での胸中をツイッターでつづった池江
写真◎小山真司(スイミング・マガジン)

 池江璃花子(ルネサンス/淑徳巣鴨高3年)が3週間ぶりに自身のツイッターを更新し、闘病についての胸中をつづった。

 池江は、「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです。三日間以上ご飯も食べれてない日が続いてます。でも負けたくない」と、闘病生活の苦しさを吐露するとともに、前向きに挑む覚悟をあらためて示した。

 池江は1月18日から2月10日帰国予定で行なっていた豪州合宿の練習中に、体調不良を訴え、現地で検査を受けたのちに予定を早めて2月8日に帰国。そのまま日本で再検査を受け、白血病と診断されると、そのまま入院し、治療に入った。

 2月12日には自身の診断結果を公表し、周囲からの励ましの声に答えるように翌13日に感謝と闘病への決意をつづっていた。

構成◎牧野 豊(スイミング・マガジン)


This article is a sponsored article by
''.