昨日まで行なわれていた日本選手権の結果を受け、光州世界選手権と合わせて第30回ユニバーシアード大会(7月4~11日/イタリア・ナポリ)の日本代表も発表された。

 世界選手権代表入りに届かなかった各種目の上位選手から男子18名、女子14名、計32名を選出。なお、ユニバーシアード代表選手は、世界選手権の追加選考会となるジャパンオープン(5月30日~6月2日/東京辰巳国際水泳場)で世界選手権の出場権を得た場合、いずれかの大会を辞退することはできず、両大会に出場することが基本条件となる。

【第30回ユニバーシアード大会代表選手】

■男子
自由形:松井 浩亮(新潟医療福祉大職員)
自由形:坂井孝士郎(鹿児島県体育協会/塚口SS)
自由形:関  海哉(日本大2年/東京ドルフィンクラブ)
自由形:川根 正大(中央大2年/サギヌマSC鷺沼)
自由形:吉田 啓祐(日本大1年)
自由形:中村 海渡(東洋大4年)
自由形:吉田 惇哉(日本大3年)
背泳ぎ:細川 公平(東洋大2年)
背泳ぎ:内藤 良太(法政大4年/スウィン大宮)
平泳ぎ:塩入 龍斗(日本大3年/大町SS)
平泳ぎ:日本 雄也(アクアティック/近大クラブ)
バタフライ:田中 優弥(新潟医療福祉大3年)
バタフライ:石川愼之助(日本大1年/パルスイミング西尾)
バタフライ:寺田 拓未(日本体育大4年)
バタフライ:幌村  尚(早稲田大3年)
個人メドレー:溝畑 樹蘭(明治大3年/コナミスポーツ)
個人メドレー:竹内 智哉(早稲田大3年/ヨコハマSC)
個人メドレー:井狩 裕貴(近畿大1年/イトマン近大)

■女子
自由形:西津 亜紀(中京大4年)
自由形:青木 智美(あいおいニッセイ同和損害保険/アリーナつきみ野SC)
自由形:佐藤 千夏(早稲田大2年/スウィン大教)
自由形:小堀 倭加(日本大1年/セントラル戸塚)
背泳ぎ:古林 毬菜(神奈川大4年)
平泳ぎ:岸  愛弓(筑波大4年)
平泳ぎ:深澤  舞(新潟医療福祉大3年)
平泳ぎ:渡部香生子(JSS)
バタフライ:山本茉由佳(日本大2年/ルネサンス)
バタフライ:相馬 あい(中京大4年)
バタフライ:持田 早智(日本大2年/ルネサンス)
個人メドレー:今井  月(東洋大1年/コカ・コーラ)
個人メドレー:寺村 美穂(セントラルスポーツ)
個人メドレー:柏崎 清花(法政大2年/柏洋スイマーズ柏)

構成◎スイミング・マガジン編集部


This article is a sponsored article by
''.