4月の日本選手権、先週末に行なわれたジャパンオープンを経て、韓国・光州にて開催される世界選手権(競泳競技:7月21~28日)の日本代表25名が出そろった。

※写真上=7月、挑む日本代表選手たち
写真◎小山真司(スイミング・マガジン)

 代表権獲得の内訳は個人種目13名、リレー種目12名、男女別では男子14名、女子11名の構成となっている。

 キャプテンは瀬戸大也(ANA)、大橋悠依(イトマン東進)が務める。

光州世界選手権・日本代表
※自=自由形、平=平泳ぎ、バ=バタフライ、背泳ぎ=背、個=個人メドレー

★個人種目代表
【男子】
松元 克央(セントラルスポーツ)自
小関也朱篤(ミキハウス)平
渡辺 一平(トヨタ自動車)平
小日向一輝(セントラルスポーツ)平
水沼 尚輝(新潟医療福祉大職員)バ
瀬戸 大也(ANA/JSS毛呂山)バ/個
入江 陵介(イトマン東進)背
砂間 敬太(イトマン東進)背
【女子】
青木玲緒樹(ミズノ)平
長谷川涼香(日本大2年/東京ドーム)バ
牧野 紘子(早稲田大2年/東京ドーム)バ
大橋 悠依(イトマン東進)個
大本 里佳(中央大4年/イトマンSS)個/自

★リレー種目代表
【男子】
中村  克(イトマン東進)自
塩浦 慎理(イトマン東進)自
難波  暉(新東工業/四日市SC)自
江原 騎士(自衛隊体育学校/フィッツ竜王)自
吉田 啓祐(日本大1年)自
高橋航太郎(自衛隊体育学校)自
【女子】
白井 璃緒(東洋大2年/JSS宝塚)自
五十嵐千尋(テイクアンドギヴ・ニーズ/JSS)自
青木 智美(あいおいニッセイ同和損害保険/アリーナつきみ野SC)自
酒井 夏海(スウィン美園/武南高3年)背
佐藤  綾(新潟医療福祉大職員)自
池本 凪沙(コパン宇治/近畿大附高2年)自

構成◎スイミング・マガジン


This article is a sponsored article by
''.