競泳の世界選手権5日目(7月25日)が韓国・光州で行なわれ、男子200m個人メドレーで瀬戸大也(ANA)が金メダルを獲得し、競泳陣東京五輪内定第1号となった。この日の優勝者と決勝・準決勝に進出した日本選手の結果は以下の通り。

写真/男子200m個人メドレーで金メダルを獲得した瀬戸(撮影◎Getty Images)

5日目/7月25日(木)
★本日の優勝者と日本選手決勝・準決勝結果

▼女子200mバタフライ決勝
[1]B・カパーシュ(ハンガリー)2.06.78
▼男子100m自由形決勝
[1]C・ドレッセル(米国)46.96
▼女子50m背泳ぎ決勝
[1]O・スモリガ(米国)27.33
▽男子200m平泳ぎ準決勝
[1]M・ウィルソン(豪州)2.06.67◎世界タイ
[6]渡辺 一平(トヨタ自動車)2.08.04
[9]小日向一輝(セントラルスポーツ)2.08.42
▼男子200m個人メドレー決勝
[1]瀬戸 大也(ANA/JSS毛呂山)1.56.14
▽女子200m平泳ぎ準決勝
[15]青木玲緒樹(ミズノスイムチーム)2.27.95
▽男子200m背泳ぎ準決勝
[8]入江 陵介(イトマン東進)1.57.26
▼女子800mフリーリレー決勝
[1]豪州7.41.50◎世界新
A・ティトマス、M・ウィルソン、B・スロッセル、E・マキーオン
[8]日本7.56.31
白井璃緒、五十嵐千尋、青木智美、池本凪沙

関連記事

This article is a sponsored article by
''.