8月17〜20日、アクアドームくまもと(熊本市総合屋内プール)で開催されるインターハイ競泳競技。今年は世界ジュニア選手権(8月20〜25日、ハンガリー・ブダペスト)に8選手(男4、女子4)が出場するため、上位進出のチャンスが広がっている。今年は自由形短距離と背泳ぎ以外、実力が伯仲しており多くの種目で混戦が予想されている。いずれも好記録での優勝争いに期待したい。

写真/酒井にはタイムも期待したい(写真はジャパンオープン・撮影◎小山真司)

世界選手権代表の酒井が真価を見せる

 女子でまず注目したいのは、光州世界選手権代表の酒井夏海(埼玉・武南3年)。国際大会出場のため、1、2年生時はインターハイを欠場しており、3年生にして初出場となった。世界選手権では100m背泳ぎで6位入賞を果たすなど堂々とした泳ぎを披露。インターハイでは世界を知る者として、100、200mともに積極的な泳ぎで、自らの持つ高校記録更新に挑戦してほしいところだ。

 自由形は50、100mで連覇を狙うのが大内紗雪(神奈川・日大藤沢3年)。実力的に抜きん出ているだけに自己ベスト更新での勝利で他を圧倒したいところだ。この大内と追うのが、50mでは土井香凜(愛知・豊川3年)、100mでは田嶋玲奈(埼玉・春日部共栄3年)、神野ゆめ(愛知・中京大附中京2年)ら。いずれも夏へ向け調子を上げている。

 200mでは長尾佳音(東京・武蔵野1年)が優勝争いの中心となりそう。今季は4月の日本選手権で自己ベストを更新して準決勝に進出しており大舞台での強さは証明済み。インターハイでも自己ベストを塗り替えたいところだ。400、800mでは中村葵(大阪・近畿大附3年)が抜きん出ており、2種目制覇の可能性が高い。

どの種目も激戦必至!

 バタフライは100mでは、100m自由形でも上位をうかがう田嶋と、ジャパンオープンで59秒92をマークした新星・山岸琴美(長野・飯田女子1年)のマッチアップとなりそうだ。両者ともに58秒台突入を目指し、ハイレベルなレースを見せたいところ。200mは7月の近畿大会で2分9秒64の自己ベストをたたき出した林希菜(大阪・近畿大附3年)が優勝候補に躍り出た。今大会ではこの勢いを止めることなく、2分8秒台突入を貪欲に狙っていきたい。

 個人メドレーは200、400mともに今季好調の1年生、谷川亜華葉(大阪・四條畷学園)が制覇しそうな勢い。200mは山下ひなた(鹿児島・県立甲南1年)、400mでは何澤由衣(京都・京都外大西3年)らがどこまで意地を見せるかに注目だ。
 平泳ぎでは100、200mともに高校ランク1位の緒方温菜(大阪・近畿大附3年)が2種目制覇を狙う。得意の200mではジャパンオープンで自己ベストを更新。インターハイでは2分26秒台突入を実現させたいところだろう。この緒方を追うのが100mでは髙橋奈々(栃木・県立宇都宮中央女子2年)、200mでは昨年優勝の井坂友紀(埼玉・春日部共栄3年)らか。記録追求のハイレベルなレースを期待しよう。

 気になる学校対抗の行方だが、昨年初優勝した神奈川・日大藤沢が今年もエース・大内を筆頭に各種目に実力者をそろえており2連覇を果たしそうな状勢だ。ここに埼玉・春日部共栄、愛知・豊川、同・中京大附中京、大阪・近畿大附ら、やはり精鋭をそろえる強豪がどう切り込むか。今年のインターハイも大盛り上がりの4日間となりそうだ。

文/佐藤温夏(ライター/スイミング・マガジン)

おすすめ記事

スイミング・マガジン 2019年9月号

This article is a sponsored article by
''.