4日、日本水泳連盟は東京五輪のアーティスティックスイミング代表8名の内定を発表した。乾友紀子(井村ASC)は3大会連続3回目の代表。他7選手は初めてのオリンピックとなる。代表内定選手は以下の通り。

東京五輪アーティスティックスイミング日本代表内定選手

デュエット・チーム
乾 友紀子(井村ASC/芦屋大)
吉田  萌(ザ・クラブピア88/愛知学院大)

チーム
福村 寿華(井村ASC/近畿大)
安永 真白(井村ASC/近畿大2年)
塚本 真由(東京ASC/日本大4年)
京極おきな(井村ASC/近畿大附高3年)
木島 萌香(井村ASC/近畿大2年)
柳澤 明希(アテナアクアメイツ/法政大3年)
※ASC=アーティスティックスイミングクラブ

おすすめ記事

スイミング・マガジン 2019年9月号


This article is a sponsored article by
''.