10日、競泳の日本社会人選手権・第2日目が静岡県富士水泳場(50m)で行なわれた。
 男子200m個人メドレーの予選で萩野公介(ブリヂストン)が1分58秒73の大会新で1位通過。日本水泳連盟が制定する強化基準のインターナショナルC標準記録を突破した。
 50mごとのラップタイムは以下の通り。
25秒23/54秒62/1分29秒44/1分58秒73

おすすめ記事

スイミング・マガジン 2019年12月号


This article is a sponsored article by
''.