国際水泳連盟(FINA)主催のワールドカップシリーズ第7戦が11月7~9日にカタール・ドーハ(50m)で行なわれた。
 W杯第6戦のカザン大会で男子50m平泳ぎを制した小関也朱篤(ミキハウス)が、今大会では50、100m平泳ぎの2種目を制した。男子200m個人メドレーでは砂間敬太(イトマン東進)が優勝した。
 2019年のワールドカップシリーズは今大会をもって終了。最多ポイント獲得者に贈られるワールドカップトロフィーは、男子がウラジミール・モロゾフ(ロシア)、女子はケイト・キャンベル(豪州)が獲得した。
 W杯第7戦優勝者と日本選手結果は以下の通り(日本選手結果は最終結果のみ)。

ワールドカップ第7戦ドーハ大会
優勝者と日本選手の最終結果

<男子>
▼50m自由形
1位/V・モロゾフ(ロシア)21.83
2位/松井 浩亮(新潟医療福祉大職員)22.02
▼100m自由形
1位/V・モロゾフ(ロシア)48.50
5位/松井 浩亮(新潟医療福祉大職員)49.82
▼200m自由形
1位/D・ラプシス(リトアニア)1.45.50
▼400m自由形
1位/D・ラプシス(リトアニア)3.47.87
▼1500m自由形
1位/M・ロマンチュク(ウクライナ)14.51.61=大会新
▼50m平泳ぎ
1位/小関也朱篤(ミキハウス)27.07
▼100m平泳ぎ
1位/小関也朱篤(ミキハウス)59.11
▼200m平泳ぎ
1位/A・チュプコフ(ロシア)2.08.37
3位/小関也朱篤(ミキハウス)2.08.66
▼50mバタフライ
1位/M・アンドリュー(米国)22.94
6位/松井 浩亮(新潟医療福祉大職員)23.89
▼100mバタフライ
1位/C・ルクロ(南アフリカ)51.70
▼200mバタフライ
1位/C・ルクロ(南アフリカ)1.57.66
▼50m背泳ぎ
1位/V・モロゾフ(ロシア)24.75
▼100m背泳ぎ
1位/M・アンドリュー(米国)54.07
3位/砂間 敬太(イトマン東進)54.95
▼200m背泳ぎ
1位/B・ウッドワード(豪州)1.58.42
2位/砂間 敬太(イトマン東進)1.58.83
▼200m個人メドレー
1位/砂間 敬太(イトマン東進)1.59.28
▼400m個人メドレー
1位/B・ホロー(ハンガリー)4.15.17

<女子>
▼50m自由形
1位/C・キャンベル(豪州)24.11
▼100m自由形
1位/C・キャンベル(豪州)52.61
▼200m自由形
1位/Z・ヤカボシュ(ハンガリー)1.58.86
▼同予選
12位/森山 幸美(山本光学)2.04.27
▼400m自由形
1位/M・カーラー(オーストリア)4.10.51
6位/森山 幸美(山本光学)4.13.93
▼800m自由形
1位/T・オデル(スロベニア)8.34.65
2位/森山 幸美(山本光学)8.37.25
▼50m平泳ぎ
1位/J・コンセイサン(ブラジル)30.93
▼100m平泳ぎ
1位/J・コンセイサン(ブラジル)1.08.28
▼200m平泳ぎ
1位/E・ベーケーシ(ハンガリー)2.28.24
▼50mバタフライ
1位/J・オッテセン(デンマーク)26.06
▼100mバタフライ
1位/K・ホズー(ハンガリー)58.19
▼200mバタフライ
1位/K・ホズー(ハンガリー)2.08.60
▼50m背泳ぎ
1位/K・タウサント(オランダ)27.80
▼100m背泳ぎ
1位/K・タウサント(オランダ)59.14
▼200m背泳ぎ
1位/E・シーボーム(豪州)2.08.54
▼200m個人メドレー
1位/K・ホズー(ハンガリー)2.09.89
▼400m個人メドレー
1位/K・ホズー(ハンガリー)4.37.39

<混合>
▼400mフリーリレー
1位/豪州3.29.55
▼400mメドレーリレー
1位/豪州3.46.77

おすすめ記事

スイミング・マガジン 2019年12月号


This article is a sponsored article by
''.