11月9~10日、静岡県富士水泳場(50m)で競泳の日本社会人選手権が行なわれた。男子自由形では松元克央(セントラルスポーツ)が200、400、1500mを大会新で3冠を獲得。50、100mは中村克(イトマン東進)が制した。萩野公介(ブリヂストン)は男子200m背泳ぎと200m個人メドレーで優勝した。優勝者は以下の通り。

写真上/男子200、400、1500m自由形を制した松元(右、撮影◎大泉謙也/スイミング・マガジン)

第2回日本社会人選手権優勝者

<男子>
▼50m自由形
 中村  克(イトマン東進)22.42
▼100m自由形
 中村  克(イトマン東進)48.85◎大会新
▼200m自由形
 松元 克央(セントラルスポーツ)1.46.51◎大会新
▼400m自由形
 松元 克央(セントラルスポーツ)3.51.18◎大会新
▼1500m自由形
 松元 克央(セントラルスポーツ)15.31.90◎大会新
▼100m平泳ぎ
 山中 祥輝(ティラド)59.63◎大会新
▼200m平泳ぎ
 渡辺 一平(TOYOTA)2.09.66◎大会新
▼100mバタフライ
 水沼 尚輝(新潟医福大職)52.30
▼200mバタフライ
 坂井 聖人(セイコー)1.57.82◎大会新
▼100m背泳ぎ
 江戸 勇馬(八神製作所)55.00
▼200m背泳ぎ
 萩野 公介(ブリヂストン)1.57.96
▼200m個人メドレー
 萩野 公介(ブリヂストン)1.59.23
▼400m個人メドレー
 鮫島 渓太(武蔵野銀行)4.27.40
▼400mフリーリレー
 JFE京浜3.24.82
山田泰也、川﨑駿、宮本健史、小嶋辰哉
▼400mメドレーリレー
 JFE京浜3.41.57◎大会新
氏林倭人、金谷優気、渡会舜、小嶋辰哉

画像: 男子200m背泳ぎ、200m個人メドレーで優勝した萩野(撮影◎大泉謙也/スイミング・マガジン)

男子200m背泳ぎ、200m個人メドレーで優勝した萩野(撮影◎大泉謙也/スイミング・マガジン)

<女子>
▼50m自由形
 佐藤  綾(新潟医福大職)25.39
▼100m自由形
 青木 智美(ATSC.YW)54.88
▼200m自由形
 青木 智美(ATSC.YW)1.58.44◎大会新
▼400m自由形
 増田  葵(菅公学生服)4.13.13
▼800m自由形
 後藤真由子(Jaked)8.45.62
▼100m平泳ぎ
 関口 美咲(木下グループ)1.09.01
▼200m平泳ぎ
 高橋 美帆(ミキハウス)2.26.37◎大会新
▼100mバタフライ
 平山友貴奈(NOK)59.19
▼200mバタフライ
 小林 奈央(あいおいニッセイ)2.12.70
▼100m背泳ぎ
 諸貫 瑛美(ミキハウス)1.00.60◎大会新
▼200m背泳ぎ
 小西 杏奈(ガスワン)2.11.91
▼200m個人メドレー
 清水 咲子(ミキハウス)2.13.81
▼400m個人メドレー
 清水 咲子(ミキハウス)4.42.87
▼400mフリーリレー
 JFE京浜3.58.95◎大会新
森万柚子、岩本愛結、廣橋海結、長谷川鼓
▼400mメドレーリレー
 JFE京浜4.25.67◎大会新
森万柚子、細越智、長谷川鼓、廣橋海結

おすすめ記事

スイミング・マガジン 2019年12月号


This article is a sponsored article by
''.