WTAツアー公式戦「ロジャーズ・カップ」(WTAプレミア5/カナダ・トロント/8月5~11日/賞金総額283万ドル/ハードコート)の女子シングルス準々決勝で、第2シードの大坂なおみ(日清食品)が第8シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)に3-6 4-6で敗れた。試合時間1時間16分。

 ロジャーズ・カップに4年連続出場となった大坂は、初めて予選を突破した2017年の3回戦進出がこれまでの最高成績だった。昨年は1回戦で、カルラ・スアレス ナバロ(スペイン)に6-7(2) 2-6で敗れていた。

 セレナは大阪に対し、3度目の対戦で初勝利を挙げた。両者は昨年2度対戦しており、3月のマイアミ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)の1回戦は6-3 6-2で、9月のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)の決勝では6-2 6-4で、いずれも大坂が勝っていた。

 今大会での大坂は、初戦となった2回戦を予選勝者のタチアナ・マリア(ドイツ)の途中棄権で勝ち上がって3試合ぶりの勝ち星を挙げると、3回戦では予選勝者で18歳のイガ・シフィオンテク(ポーランド)を7-6(4) 6-4で破って8強入りを決めていた。

 2018年シーズンの大坂は、3月にインディアンウェルズ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)でツアー初優勝を果たし、9月にはUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)で日本テニス史上初めてシングルスでグランドスラム・タイトルを獲得。今年1月にはオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)も制し、グランドスラム2大会連続制覇の偉業を達成し、世界ナンバーワンの座に就いた。

 しかし、その後、フレンチ・オープン優勝のアシュリー・バーティ(オーストラリア)に1位の座を奪われた。

 セレナは次の準決勝で、前年覇者で第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)と予選を勝ち上がったマリー・ブーズコバ(チェコ)の試合の勝者と対戦する。

 大坂対セレナの試合に先立ち行われた、そのほかの準々決勝で、第3シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)がビアンカ・アンドレスク(カナダ)に0-6 6-2 4-6で敗れ、大会後に更新される世界ランキングで大坂が1位に返り咲くことが確定した。

※写真は大坂なおみ(日本/日清食品)
TORONTO, ON - AUGUST 09: Naomi Osaka of Japan walks out onto the court for a quarterfinal match against Serena Williams of the United States on Day 7 of the Rogers Cup at Aviva Centre on August 09, 2019 in Toronto, Canada. (Photo by Vaughn Ridley/Getty Images)

テニスマガジンONLINE|テニス専門誌『テニスマガジン』公式サイト(外部)

テニマガ・テニス部|テニスが大好きな人たちへ、いっしょに部活をやりませんか!

ATP500〜ロジャーズ・カップ関連記事


This article is a sponsored article by
''.