過去、現在のプレーヤーたちが19歳のカナダ人、ビアンカ・アンドレスクを称賛している。それは彼女が今年3度目、母国では初のタイトルを獲ったという理由からだけなく、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)の驚きの棄権に際して見せた思いやりのある、ふるまいゆえでもあったのだ。

 アンドレスクは日曜日のトロントでの決勝で、セレナが涙を流しながら背中のケイレンのためもう試合を続けられないと言ったあと、ロジャーズ・カップ優勝を遂げた。

 セレナの決断は最初、アンドレスクを唖然とさせたが、彼女はすぐに37歳のセレナのもとに行くと慰めの言葉をかけた。

「私はかなり外向的な性格なの。そして私は自分自身、昨年は背中、ここ数ヵ月は肩と、多くの故障を潜り抜けてきたから、彼女がどんな気持ちでいるか正確にわかっていたの。あの瞬間に何を言ったらいいかもわかっていると感じていた」と、アンドレスクは月曜日にカナディアン・プレスの電話インタビューに答えて言った。

 セレナはアンドレスクのことを「古式豊かな良い心を持った人」「素晴らしいスポーツウーマン」と呼んだ。これらの言葉はアンドレスクにとって大きな意味を持っていた。彼女はセレナをアイドルと崇めながら育ってきたのである。

「これまでの人生を通し、私は彼女(セレナ)のプレーを見て育ってきた」とアンドレスクは言った。「彼女はチャンピオンであり、コート内外でのインスピレーションの源よ。だから彼女の口から私について、そのような言葉が出たという事実はかなりすごいことなのよ」。


This article is a sponsored article by
''.