アメリカ・ニューヨークで行われている「USオープン」(8月26日~9月8日/ハードコート)の女子シングルス3回戦。大坂なおみ(日本/日清食品)はコリ・ガウフ(アメリカ)の進撃を終わらせたあとネットの向こうを見やって、15歳のガウフの目に涙があふれているのを見た。

 3-6 0-6で敗れたばかりの少女の中に、大坂は自分の姿をも垣間見たのだろう。それゆえ、自身まだ21歳である前年度覇者で第1シードの大坂は、ガウフを抱擁と慰めの言葉で元気づけようとし、それから、ずっとガウフを応援していたアーサー・アッシュ・スタジアムの約2万3000人の観客に、挨拶するよう励ました。負けるのがどんなに辛いか知っている大坂は、彼女に「これらの人たちに、あなたがどう感じているか知ってもらう必要があるわ」と言った。

 そんなわけで、ガウフはその通りにした。試合の敗者がコートから観客に声をかけるのは稀なことである。ガウフは大坂の行為に感謝していた。

「彼女は真のアスリートであることを示して見せた。私にとってアスリートの定義は、コート上で対戦相手を価値のある存在として扱い、コート外では最良の友であれる者、ということなの」と、ガウフは後の記者会見の際に言った。「彼女が今夜やったのは、まさにそれだと思うわ」。

 このように言葉を紡げるオフコートの成熟と、通常その年齢の者が持つものを超えた賢いプレーが、ガウフがすでにこうも多くの注目を集める助けとなっていた。彼女は1996年以降で、フラッシングメドウで2試合に勝ったもっとも若い選手であり、それは彼女が7月のウインブルドンで見せた4回戦への“魅惑の進撃”の続編だった。

 照明の下でのこの大いに注目されたナイトセッションで、ガウフは頻繁に彼女たるものであるように見えた――つまり、いまだテニスのトップレベルに至る方法を学び続けている、膨大な才能を持つ選手であるように。

「まだまだ多くのやるべき仕事があることは、はっきりわかっている」とガウフの父コリーは言った。「彼女はこの試合に勝ちたいと思っていた。“どのくらいうまくできるか見てみましょう”などという姿勢ではなかった」とも言った。

 ガウフは時速191km強のサービスを打ち込んだが、同時に7本のダブルフォールトをおかした。第1セットのガウフはスロースタートを克服して3-4と大坂に迫ったが、また最後の8ゲームを落としもした。

 忘れてはいけない----。USオープンは彼女にとって、まだ2度目のグランドスラム大会に過ぎないのである。彼女はウインブルドン開始時には世界ランク313位で、今は140位だ。

 大坂の年齢(21歳)と、すでに成し遂げたことによるアドバンテージは、この試合の中で、ある役割を演じた。彼女は今年1月のオーストラリアン・オープンを含め、これまでに2度グランドスラム大会で優勝している。また彼女の正確さをともなうパワーも違いを生んだ。大坂のウィナー24本に対し、ガウフのそれが8本という数字もそのことを示している。

「オーストラリア以降でもっとも集中できた試合だった」と大坂は言った。彼女はオーストラリアン・オープン以降、非常にアップダウンの激しいシーズンを送っていた。また彼女は最近問題となった左膝にサポーターをつけている。


This article is a sponsored article by
''.