アメリカ・ニューヨークで開催されている「USオープン」(8月26日~9月8日/ハードコート)の女子シングルス4回戦。大坂なおみ(日清食品)の左膝は、彼女に痛みなくサービスを打つことを許さなかった。そのため彼女はUSオープンに先立ち、テニスのカギとなるサービスを練習していなかった。膝の問題はまた、彼女がコートをしっかりカバーし、望む形でショットの準備をすることを阻んでもいた。

 これらが第1シードの大坂が、USオープンにおける10連勝とタイトル防衛への挑戦を月曜日に終わらせた唯一の理由ではない。対戦相手のベリンダ・ベンチッチ(スイス)のライジングでボールをとらえる鋭くきびきびしたストロークも、この結果に大いに貢献していた。

 大坂は雨の降る午後、屋根が閉じられたアーサー・アッシュ・スタジアムで第13シードのベンチッチに5-7 4-6で敗れ、やはり準々決勝前に敗退したディフェンディング・チャンピオンのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に合流した。ジョコビッチは日曜日の4回戦でベンチッチと同国のスタン・ワウリンカ(スイス)に対して最初の2セットを落としたあと、左肩の問題を理由に棄権していた。

「正直に言って、今日の私の動きはよくなかった。私は自分がいつもベタ足で立っているような感じを覚えていたわ。動きという面において、左膝に少しわずらわされていた」と大坂はコメントした。

「でも、それは私が克服して然るべきことだった」

 パワフルなサービスに関して大坂は「不安点だった」と表現し、USオープン前に「(サービスを打ったあと)足をしっかり着地させることができないため」練習することができなかったと明かした。

 大坂は大会を通して膝に黒いサポーターを着けており、月曜日の試合では第2セットの途中にトレーナーから痛み止めの薬を与えられていた。

 その頃までには、ベンチッチはセットを先取した上でワンブレークを果たしており、ボールを早い段階でとらえてカウンターパンチで返す“クイック・ストライク”のプレー法を使うことで大坂を急がせ、大坂に反応する十分な時間を与えないようにしていた。それは以前にも機能していた戦法だ。ベンチッチはこれで、2019年の大坂との対戦で3戦3勝したことになる。


This article is a sponsored article by
''.