アメリカ・ニューヨークで開催されている「USオープン」(8月26日~9月8日/ハードコート)の女子シングルス準々決勝。セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は前の試合でひねった右足にまったくわずらわされることはなかった。対戦相手からの抵抗がほとんどなかったのも、また事実ではある。その火曜日の夜、セレナは限りなく支配的な様子で問題なく動き、第18シードのワン・チャン(中国)をわずか44分のうちに6-1 6-0で圧倒、準決勝に向けて力強く突き進んだ。

 セレナはこの勝利で24番目のUSオープン・タイトルにまた一歩近づいた。

「肉体的にすごくいい感覚よ」とセレナは言った。そして何より私はここに出てくるたびに楽しんでいる」

 どこに楽しまない理由があるだろう。彼女がこのようにプレーしているとき、土曜日にほかの誰かが優勝杯を掲げているところをイメージするのは難しい。

 セレナはわずか15分のうちに最初の5ゲームを取った。それから1ゲームを落としたあと、彼女は次の11ポイントを連続で取り、残りのすべてのセットも連取した。

 それがいかに一方的な試合だったかを示す数字をひとつ。セレナは25本のウィナーを決めたが、ワンのウぃナーは“ゼロ”だった。ワンにとって、これはグランドスラム大会では初となる準々決勝だった。もうひとつ数字を挙げると、獲得ポイントの合計数はセレナの50ポイントに対し、ワンは15ポイントだった。

「私は彼女にあまりチャンスを与えなかったわね」とセレナは言った。

 この試合で、セレナは6度優勝したことがあるこのフラッシングメドウでの100番目の勝利を記録した。

「初めてここでスタートを切ったときから…自分が100勝に至るなんて思ってもみなかった。自分がまだここにいるなどということが頭をかすめもしなかったわ」と、今月の終わりに38歳になるセレナは言った。

「でも私は自分がやっていることが大好きなの」

 セレナは次に決勝への切符をかけ、第5シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)と対戦する。スビトリーナは火曜日の昼の試合で、第16シードのジョハナ・コンタ(イギリス)を6-4 6-4で倒した。

「彼女もまた素晴らしい一年を送ってきた選手よ」とセレナは言った。「今回、彼女はより遠くまで行きたがっていると感じる。だから私は次にまた、コートに出ていったたときに本当にいいプレーができるようでなければならない」。

 スビトリーナは、自身準々決勝を控えたボーイフレンドのガエル・モンフィス(フランス)が観客席から見守る中、グランドスラムで2大会連続となる準決勝進出を決めた。2019年以前の彼女は、一度もグランドスラム大会でベスト4入りしたことはなかった。

「今」と、スビトリーナはモンフィスについてジョークを言った。「彼はそのテニスをステップアップさせる必要があるわね」。

 ちなみにモンフィスは水曜日にベスト4入りをかけてマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)と対戦するのだ。


This article is a sponsored article by
''.