12月7日、山口県維新みらいふスタジアムで行われた日本実業団陸上競技連合女子記録会5000m(タイムレース3組)で、廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ)が日本歴代5位、U20日本新記録となる15分05秒40をマークした。

※写真上=東京五輪の参加標準も突破した廣中(写真はクイーンズ駅伝)
撮影/中野英聡(陸上競技マガジン)

 この記録は来年の東京五輪同種目参加標準記録(15分10秒00)を突破するもので、日本では今年のドーハ世界選手権5000m決勝で15分00秒01をマークした田中希実(豊田自動織機TC)に続き、2人目の突破者となった。

 廣中は11月27日の全日本実業女子駅伝(クイーンズ駅伝)で1区区間賞を取り、チームの優勝に貢献し、MVPに輝いていた。

◎女子5000m日本歴代5傑
1 14分53秒22
  福士加代子(ワコール)/2005年
2 15分00秒01
  田中 希実(トヨタ自動織機)/2019年
3 15分03秒67
  弘山 晴美(資生堂)/1998年
4 15分05秒37
  小林佑梨子(トヨタ自動織機)/2008年
5 15分05秒40
  廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ)/2019年

おすすめ記事

陸上競技マガジン 2019年12月号


This article is a sponsored article by
''.