close

2020-11-02

【アメフト】常に先手、オフェンス好調の日大が中大を破り2連勝 関東TOP8

【日大 vs 中大】第3クオーター、日大RB川上がTD、中大を再び突き放す=2020年11月1日、撮影:小座野容斉

全ての画像を見る
アメリカンフットボールの関東大学リーグ1部TOP8は、11月1日に第2節の日本大学フェニックス対中央大学ラクーンズの一戦があり、日大が中大を破った。日大は2連勝で勝ち点6、中大は2連敗で勝ち点は0のままとなった。

日本大学フェニックス○31-15●中央大学ラクーンズ(2020年11月1日)

 前節の法大戦からオフェンスの好調を持続した日大が、常に先手を取って加点し、中大を押し切った。

 日大は、試合のオープニングドライブでRB秋元旻宰が先制のタッチダウン(TD)。第2クオーター開始直後にもK福岡勇斗が45ヤードのフィールドゴール(FG)を決めた。中央大は、第2クオーター8分、K渡邊峻一のFGで3点を返したが、日大は直後のオフェンスで、RB秋元、柴田健人のラン、QB林大希のパスで前進。前半残り27秒で林がRB足立大成にTDパスを決め、17-3 で折り返した。

 中大は、後半最初のオフェンスシリーズでQB小島大地がTE定成吉輝にTDパスを通すが、日大は次のドライブでRB川上理宇がランでTDを挙げた。

 中大は、QB小島からパスを受けた1年生RB北原健作がエンドゾーンぎりぎりに飛び込んでTD。9点差としてなおも反撃を続けたが、第4クオーター、日大DB柴田和樹が中大・小島のパスをインターセプト。このチャンスを秋元のTDに結びつけ、勝利を決定的にした。

 中大は後半に入って、北原と大津一輝の2人のRBを軸にランが進み、QB小島のパスも要所で決まったが、前半の14点のビハインドが重すぎた。

【日大 vs 中大】第1クオーター、日大QB林大希がRB足立大成にパスを決める=2020年11月1日、撮影:小座野容斉
【日大 vs 中大】第1クオーター、日大QB林大希がRB足立大成にパスを決める=2020年11月1日、撮影:小座野容斉


【日大 vs 中大】第1クオーター、日大RB秋元が先制のTD=2020年11月1日、撮影:小座野容斉
【日大 vs 中大】第1クオーター、日大RB秋元が先制のTD=2020年11月1日、撮影:小座野容斉


【日大 vs 中大】第3クオーター、中大QB小島からTDパスを受けたTE定成がガッツポーズ=2020年11月1日、撮影:小座野容斉
【日大 vs 中大】第3クオーター、中大QB小島からTDパスを受けたTE定成がガッツポーズ=2020年11月1日、撮影:小座野容斉


【日大 vs 中大】第3クオーター、中大RB北原に、日大DB光永(下)、DL宇田(上)が二人がかりでタックルフォーロス=2020年11月1日、撮影:小座野容斉
【日大 vs 中大】第3クオーター、中大RB北原に、日大DB光永(下)、DL宇田(上)が二人がかりでタックルフォーロス=2020年11月1日、撮影:小座野容斉


【日大 vs 中大】第4クオーター、日大DB柴田がパスインターセプト=2020年11月1日、撮影:小座野容斉
【日大 vs 中大】第4クオーター、日大DB柴田がパスインターセプト=2020年11月1日、撮影:小座野容斉

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事