close

2020-11-15

【アメフト】桜美林大が立大破り、勝ち点6 Bブロック1位の可能性残す 関東TOP8

【桜美林大 vs 立教大】第4クオーター10分、桜美林大のQB水越が、23ヤードを走り、決勝となるTDを挙げる=2020年11月14日、撮影:小座野容斉

全ての画像を見る

 アメリカンフットボールの関東大学リーグ1部TOP8は、11月14日、第3節で桜美林大学スリーネイルズクラウンズと立教大学ラッシャーズの一戦があり、桜美林大が接戦の末、立教大を破った。桜美林大は2勝1敗で勝ち点6、立教大は2敗で勝ち点0となった。

桜美林大学スリーネイルズクラウンズ○9-3●立教大学ラッシャーズ(2020年11月14日)

 桜美林大が、終盤の競り合いを制して、公式戦での立教大戦初勝利を挙げた。

 先制したのは桜美林大。第1クオーター、レッドゾーンまで攻め込むが、タッチダウン(TD)を奪えず、K神杉晃汰が28ヤードのフィールドゴールを決めた。立教大も、直後のドライブで反撃、K中山龍之介が49ヤードのFGを決めて同点とした。


 その後、両チームのオフェンスが共に決め手を欠き、得点できない局面が続いた。ゲームが動いたのは最終盤だった。桜美林大は第4クオーター10分、1年生QBの水越直が23ヤードを走り切ってTD、勝ち越した。立教大も残り1分17秒から最後の反撃、ゴール前10ヤードまで攻め込んだが、残り2秒から立教大の1年生のQB宅和勇人が投げたパスを、桜美林大ディフェンス陣が防ぎ、熱戦に終止符を打った。

Bブロック1位は、早大か桜美林大に

 桜美林大は、15日の早大-明大戦で、早大が明大に敗れるか引き分けた場合、Bブロックの順列が1位となる。早大は明大に勝てばBブロックの1位となる。明大は早大に勝って2勝1敗となっても、桜美林大に直接対決で敗れているため、Bブロック1位となる可能性は消滅した。Aブロックの1位は3連勝で勝ち点9の日大で、11月29日に甲子園ボウルの出場権をかけて、A・B両ブロックブロックの1位校が対戦する。

【桜美林大 vs 立教大】第4クオーター、残り2秒からの立教大のパスは失敗。勝利を喜ぶ桜美林大ディフェンス陣=2020年11月14日、撮影:小座野容斉
【桜美林大 vs 立教大】第4クオーター、残り2秒からの立教大のパスは失敗。勝利を喜ぶ桜美林大ディフェンス陣=2020年11月14日、撮影:小座野容斉

桜美林大・関口順久監督のコメント

◇この試合を追えての感想は
◆関口監督:ディフェンス頼みの試合となってしまった。要所要所で、ディフェンスがターンオーバーしてくれたり、(相手のオフェンスを)抑えてくれたりしたのが、今日の勝因かなと思います。オフェンスは次に向けてしっかり立て直さないと。まあ、こういう試合も、1回経験しておくのは、特にQBが1年生なので。いい経験になったかなと思います。とにかく勝てて良かったと思います。

◇立教との力関係をどう見ていたか
◆明治戦が、あまりいい内容ではなかったとは思うのですが、早稲田の試合がなくて、5週間試合がなかった。そういう意味では良いコンディションで来るだろうと思いましたし、去年からのメンバーも残っていましたので、五分五分か、あるいは向こうの方が経験者的に強いかな。ウチの方があまりよくないかなと思っていました。

◇前節で、明治大学に勝って周りも盛り上がったりしたあとで、この試合に向けての気持ちの持って行き方は?
◆関口監督:結局、明治に勝っても、この試合に勝たないと意味がないということを、4年生がことあるごとに話をしていたので、そういった意味では、あまり浮かれたりするような感じではなかったですね。

◇勝てば1位の可能性が残るということを、明確に選手たちに言っていたのですか?
◆関口監督:そうです。今年は昇格したばかりだけれど、せっかく甲子園ボウルに行く可能性があるのだから、狙わなければだめでしょということは、室伏キャプテンにずっと言い続けていたので、そこはかなり意識して準備してきたと思います。

◇仮に、Bブロックで1位となれば、次戦は日大との戦いになりますが
◆関口監督:日大(のAブロック1位)は決まりなのですか?

◇決定しています。そうなると、去年のBIG8の1位を決定する戦いと同じカードになりますが?
◆関口監督:日大は、もうパーソネルもそうだし、戦術的なところも含めて、たぶん抜けている存在だと思うので。我々としては、去年も真っ向勝負ではなかなか難しいなと思っていた部分もあるので、力関係も含めてしっかり勝負できるプランを立てて、やれるのであれば。可能性があればやりたいなと思っています。
どちらにしても、やるのであれば、勝ちに行きたいので。そこは明確にやりたいなと思っています。

小座野容斉

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事