close

2020-12-03

【女子ボクシング】多田悦子、衝撃のフィニッシュで再戦に決着

9回、多田の左一発で宮尾は沈んだ

全ての画像を見る
3日、東京・後楽園ホールで行われたWBO女子世界ミニマム級王座決定戦10回戦は、多田悦子(真正)が宮尾綾香(ワタナベ)に9回8秒TKO勝ちした。多田は4度目の世界同級王座獲得を果たし、宮尾は2階級制覇に失敗した。

1月のドローを受けた再戦は、衝撃的なエンディングを迎えた。9回の開始ゴングが鳴ってすぐ、宮尾のアゴを襲った多田の左ショート。ヒザからばったりと崩れ落ち、うつ伏せに眠った宮尾を見て、レフェリーはノーカウントで試合を停止した。多田が心配そうに見つめる中、宮尾はストレッチャーに乗せられてリングを降りた。

約10ヵ月ぶりにリングで向かい合った両者は、今度こそ白黒つけようと早い仕掛けで打ち合った。宮尾は右、サウスポーの多田は左と、互いに正面からダイレクトにストレートを繰り出す。バッティングも頻発し、初回に多田、4回には宮尾が休憩時間を与えられた。

前半戦は宮尾の右もよくヒットしていたが、リズム、タイミングを変えて多彩に攻め込む多田が、終盤から攻勢を強めていった。7回には連打で宮尾をロープに詰める。効かせたと確信した多田は「9回に宮尾さんが出てくるのはわかっていた」。迎え撃った左の短い一撃で、想像を超えるフィニッシュが生まれた。


4度目の世界ベルトを巻いた多田

「ドンピシャのタイミング。練習してきたパンチです。ボクシングは力じゃなく、スピードとタイミング。それを証明できたのがうれしい」と多田。「1試合ごとにモチベーションを上げるのが難しくなってきている」という39歳は、宮尾に決着をつけた今、4団体制覇に最後の情熱を燃やす。

ボクシング・マガジン 12月号 | BBMスポーツ | ベースボール・マガジン社

2020年11月13日発売BBM0292012A4判定価 本体1045円+税ContentsCOLOR GRAVURE日米総力特集井上尚弥――伝説は第2章へ。ジェイソン・マロニー戦ラスベガス現地レポート/杉浦大介精密右カウンターで"聖地"の...

文/藤木邦昭 写真/小河原友信

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事