close

2020-12-18

日本陸上界の真実 日本スポーツ界の重鎮が 正直に書き遺す。(帖佐寛章/著 元日本陸上競技連盟副会長)

2020年12月21日発売
BBM1300130
四六判並製・370頁
定価 1,870円(税込)
ISBN:978-4-583-11313-5 C0075

Contents
75年間、陸上界を走り続けた生き証人が日本陸上の軌跡を振り返る

【目次】
第1章 マラソン代表選考の疑問に答える
第2章 オリンピックと世界選手権
第3章 名選手秘話
第4章 マラソンあれこれ
第5章 駅伝エピソード
第6章 陸上界の著名人たち
第7章 アラカルト
第8章 陸上界への提言
第9章 我が人生のあれこれ
陸上界&帖佐寛章 エピソード年表・写真年表
長距離・マラソン DATA
特別寄稿 河野洋平(元日本陸上競技連盟会長)

【著者紹介】
帖佐寛章(ちょうさ・ひろあき)
1930年6月7日生まれ。日本陸上競技連盟の選手強化担当、専務理事、副会長として半世紀以上に渡り陣頭指揮を執り、現在の日本陸上界を構築。本格的な選手指導をはじめた順天堂大学の監督就任時(1956年11月)には、チーム再生のため部員38名中2名を残してチームを解散。2年後に箱根駅伝に初出場し、1956年には総合初優勝。大学日本一を決める日本学生対校選手権では1969年から男子総合16連覇。2020年現在、16連覇は史上最長。男子総合優勝28回(史上最多)の名門に育て上げた。スポーツのみならず、政治、経済、マスメディア、教育の分野に深い人脈を持ち、国内外のスポーツ団体の要職を歴任。世界の主要なロードレース大会が加盟する国際マラソン・ロードレース協会「AIMS」の会長(1991~2010年)を務めた他、2010年には国際陸上競技連盟(現世界陸連)の「シルバー勲章」を受賞。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事