close

2021-01-01

【ボクシング】4階級制覇は俺だけの栄光! 井岡一翔が田中恒成を痛烈にTKO

正確でタイムリーな左ジャブ。井岡(左)はこのパンチで戦いをコントロールし続けた

全ての画像を見る
4階級制覇王者に3階級制覇の挑戦者が争う注目の対決、井岡一翔(31=Ambiton)対指名挑戦者1位、田中恒成(25=畑中)のWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は、31日、東京・大田区総合体育館で行われ、井岡が8ラウンド1分35秒TKO勝ちを収めた。得意の左ジャブでペースを作った井岡は2度のダウンを奪い、このラウンド、左フックを痛烈に決めたところでレフェリーがストップをかけた。2度目の防衛に成功した井岡は海外進出の本格化、さらなるビッグマッチ実現をアピールした。

ベテランの自在の攻防に酔いしれた

 これが大人のボクシングに味わいである。いや、正しくは凄味である。どんな状況にあっても、自らの肉体と心の成り行き、対戦者の出方を冷静に受け止め、最善の守りと、鋭い攻めとの間を順に折り返していく。一見して派手さは見えなくとも、井岡のボクシングの本領が存分に発揮される。描いた青写真のとおり、一度たりとも主導権を譲らぬまま、劇的なストップにまでこぎつけた。若い田中は自慢のスピードは空回りし、パワーショットも見透かされ、アリ地獄に足を取られたかのように敗勢へと引きずり込まれていった。少なくともスタンドに用意された記者席からは、そういう戦いに見えた。

「世代交代」を旗印にリングに立った田中は、のっけに小さなヤマ場を作る。ファーストゴングが鳴って間もなくだ。井岡の肩越しに右ストレートヒットさせた。わずかにたじろいだ井岡はロープ伝いに後退していく。田中はここで詰め切れない。些細な出ばなのひとコマながら、もっと井岡を慌てさせることができなかったことが、その後の成り行きを決めてしまったのかもしれない。

 体勢を立て直した井岡は、小突くようなジャブをヒットして、自分の距離での戦いを管理し始める。試合後に井岡は2ラウンド、田中の右ストレートをよけそこねて、「目が二重に見えるようになった」と明かしたが、左目を腫らしながらも、その戦いにはハンディのかけらさえも見えなかった。

「距離とポジションをいち早く取ること」こそが自分のボクシングというチャンピオンは、中間距離でジャブを当て、左フック、右ストレートをフォローする。すかさずインサイドにポジションを移すと、もっと多彩なパンチを挑戦者の体にスプレーしていった。田中のほうはラウンドを追うごとに攻撃、守りとも雑になる。

2度のダウン。そしてフィニッシュパンチ。いずれも左フックだった

2度のダウンから痛烈なストップまで

 試合が大きく動いたのは5ランドだった。ラウンド終盤、不用意に前進してきた田中に井岡が右ストレートから切り返したレフトフックを浴びせる。チャレンジャーははじけ飛ぶようにダウンする。続く6ラウンドにも、鮮やかな左フックのダブルで再び倒す。

 立ち上がった田中は懸命にボディショット、右のロングショットで反撃を試みる。しかし、井岡は慌てない。やはりジャブを切り出しにボディ、顔面と細かいコンビネーションブローを決め、押し返していった。

 フィニッシュは唐突にも見えたが、ちゃんとおぜん立ても作られていた。8ラウンドに入って、いよいよ動きに精彩のなくなった田中をボディショットで痛めつける。そして、打ち込んだ顔面への左フック。下肢が突っ張り、上体が沈み込んだ田中を見たレフェリーの染谷路朗は、井岡が本格的なフォローアップに取り掛かる前に両者の間に割って入り、試合終了を宣言した。この一撃はもとより、それまでに積み重なった損傷も大きく、実に適切な判断だった。

井岡は「格の違い」を見事に証明してみせた

井岡の野心はさらに燃え上がる

「レベルの違い、格の違いを見せつけるとこれだけ言い続けてきて、それを証明できたことがうれしい」

 井岡の言葉は弾けた。今後は3月に予定されるWBAスーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)とWBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)の王座統一戦の勝者との対戦を模索したいとした。

 プロになって初めて敗北を喫した田中は若さをさらけ出した。3階級制覇チャンピオンに対して、こういう言い方はどうかとも思うが、それでも能力の高さは十分に感じさせた。なのに、なぜ、井岡とこれだけの差がついていたのか。持ち前のパワーとスピードを今後、どう調味して、さらに成型していくのか。まだ25歳。時間をかけて学んでいけば、新たな時代の旗手になる可能性は十分に残されている。

文◎宮崎正博 写真◎菊田義久

ボクシング・マガジン 1月号

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事