close

2021-04-14

PR

週刊プロレスmobileプレミアムにて「武藤敬司特集」を配信

週刊プロレスmobileプレミアムにて4月19日(月)より「武藤敬司特集」を配信します。

 今年2月、NOAH日本武道館大会で武藤敬司が潮崎豪を破ってGHCヘビー級王座初戴冠。その後にNOAH入団も果たした。武藤は58歳という年齢ながらも魅力的なファイトでNOAHをけん引している。今週から新連載も開催するということでプレミアムでも特集を開始!

 配信中のバックナンバーと追加配信予定は以下の通り(変更の場合あり)。

◎配信中=1984/11/13号(No.67)
リングサイドインタビュー~田中秀和vs武藤敬司

◎配信中=1985/2/12号(No.79)
これが“ヤング・ドラゴン杯”だ!!(小杉俊二、後藤達俊、山田恵一、佐野直樹、畑浩美、橋本真也、武藤敬司、蝶野正洋、野上彰)

◎配信中=1985/4/2号(No.86)
ヤングライオン杯◎武藤敬司vs蝶野正洋「“未完の大器”武藤、ダイナミックにV」

◎配信中=1986/1/7&14号(No.126)
新年をフロリダで迎える若武者~武藤敬司「はっきりいって高田さんとやりたい」

◎配信中=1986/2/25号(No.132)
新日本のホープ、武藤敬司がNWA世界ジュニア王座挑戦

◎配信中=1986/3/18号(No.135)
NWA世界ジュニア◎デニス・ブラウンvs武藤敬司「『ボクはめぐまれたルーキーです』武藤、いきなりNWA・Jrに挑戦!」

◎配信中=1986/4/22号(No.140)
“ホワイト・ニンジャ”武藤敬司 元気にフロリダ・サーキット中!

◎配信中=1986/7/22号(No.154)
新日本はニューリーダーに武藤敬司を加えた新路線へ!武藤のリングネーム募集/フロリダ・ヘビー級王者 武藤敬司は、日本でもトップを取ることができるか!?

◎配信中=1986/8/12号(No.157)
フロリダサーキット報告~サザンヘビー級◎レックス・ルーガーvs武藤敬司「日米若獅子対決、白熱!」

◎配信中=1986/11/18号(No.173)
連載・究極の必殺技NOW<15>武藤敬司のムーンソルト・プレス

◎4月19日(月)=1986/12/23号(No.179)
藤波と出場のタッグリーグで初表紙

◎配信中=1987/4/7号(No.196)
武藤敬司インタビュー~俺、山男に見えますか?

◎4月20日(火)=1987/9/4増刊号(No.220)
マサ斎藤の代役で出場の世代闘争で玉砕

◎配信中=1988/8/16号(No.270)
闘魂三銃士が凱旋帰国「ふてぶてしいぜ武藤 ドスがきいてるぜ蝶野 あぶないヤツだぜ橋本」

◎配信中=1990/5/15号(No.377)
新日本4・27NKホール~IWGPタッグ◎武藤敬司&蝶野正洋vsマサ斎藤&橋本真也「新日本、第三世代のパワー大爆発 武藤、蝶野組、IWGPタッグ奪う」

◎配信中=1990/10/23号(No.402)
闘魂三銃士は“9・30”に何を感じ、何を見たか!?①武藤敬司インタビュー~猪木さんへのファンの声援は昔と違って“同情的”だった。俺には冷たかったのに…(笑)

◎4月22日(木)=1991/7/30号(No.445)
“気ままな天才”が語ったムタ、アメリカマット、富士山

◎4月23日(金)=1991/8/6号(No.446)
グレート・ムタ北海道初見参の札幌大会は超満員札止め、新記録!

◎配信中=1991/9/3号(No.451)
G1優勝決定戦◎蝶野正洋vs武藤敬司「まさにG1クライマックスだった“超大穴”蝶野が優勝さらう!」

◎4月24日(土)=1991/9/10号(No.452)
グレート・ムタ、月夜の凶行!マシンのマスクはぐ

◎配信中=1992/1/20増刊号(No.474)
武藤敬司インタビュー~あのね、これはゴールのないマラソンなんですよ。わかります?

◎4月25日(日)=1992/7/28号(No.505)
週プロ大胆予想!G1クライマックス優勝はズバリ武藤!!

◎配信中=1992/9/8号(No.511)
武藤敬司、結婚宣言!! お相手は元タレントの芦田久恵さん

◎4月26日(月)=1992/10/11増刊号(No.516)
ムタの辞書に“闘魂三銃士”の文字なし!橋本を下し2冠防衛

◎4月27日(火)=1993/1/5&12号(No.530)
グレート・ムタvs馳浩、また名勝負

◎4月29日(木)=1993/4/6号(No.543)
グレート・ムタvsハルク・ホーガン、浮上!

◎4月30日(金)=1994/4/26号(No.609)
ムタだったら何をやっても許されるのか!? 猪木に毒霧噴射

◎5月1日(土)=1995/4/18号(No.664)
“天才の時代”来るか!?

◎配信中=1995/5/21増刊号(No.669)
橋本真也からIWGPヘビー級奪取「新生・武藤敬司はバク進します!!」

◎5月2日(日)=1995/6/13号(No.673)
天才の受難…新IWGP王者に野次の集中砲火

◎5月3日(月)=1995/7/2増刊号(No.676)
王者・武藤に大コール…天才の受難は終わった

 5月4日(火)~25日(火)にもバックナンバー配信予定。配信情報は随時、週刊プロレスのSNS等でもお知らせします。お楽しみに!

「週刊プロレスmobileプレミアム」は月額999円、加入月0円。バックナンバーもぞくぞく追加中!

「週刊プロレスmobileプレミアム」は、従来の「週刊プロレスmobile」に加え、毎週水曜午前0時に最新の「週刊プロレス」を電子版で読むことができます。

 価格は月額1098円(税込み)。「週刊プロレスmobileプレミアム」はクレジット決済になりますので、従来の「週刊プロレスmobile」の携帯電話会社のキャリア決済では加入できなかった皆様も入会可能。スマートフォン、タブレットでいつでもどこでも「週刊プロレス」と「週刊プロレスmobile」を読むことができます。しかも、加入月は0円!(※「加入月0円」は初回のみ)。

 さらに、2015年9月より約5年間分(一部を除く)の「週刊プロレス」のアーカイブに加え、随時、バックナンバーを追加していきます。

 各号に目次機能もついており、読みたいページにすぐアクセスできます。また、ワード検索もあり、お気に入りの選手や団体の記事にすぐたどり着けます。

 登録方法は簡単3ステップ! 週刊プロレスmobile内に表示される「週刊プロレスmobileプレミアム」案内ページの「プレミアム版に登録」をタップし、①メアドとパスワードを登録、②クレジットカード情報を登録、③アンケートにご協力いただき…登録完了!

 プロレスファンにとって超お得な「週刊プロレスmobileプレミアム」。ぜひご利用ください!

↓「週刊プロレスmobileプレミアム」案内ページ
https://wp.bbm-mobile.com/lp/wp3/Landing_20200331.html

↓配信中の「武藤特集」バックナンバーは以下のページよりご覧いただけます(※要会員登録)
https://wp.bbm-mobile.com/sp2/EBook/FeatureDispList.asp?sendtime=20210413145145&fi=30

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事