close

2021-05-25

高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ 2021 第7節結果

青森山田高校と清水エスパルスユースの首位攻防戦。60分に青森山田の藤森颯太(11)が決勝ゴールを挙げた(C)Walnix

全ての画像を見る
5月23日に、「高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ 2021」の第7節が行なわれた。緊急事態宣言、県独自の新型コロナウイルス感染拡大防止策の非常警戒措置発令により、23日に行なわれる予定だった6試合を延期することとなったが、EASTの4試合を実施。首位の青森山田高校が2位の清水エスパルスユースを破り、勝ち点差を6に広げた。

【EAST】
浦和レッドダイヤモンズユース
2-5
横浜F・マリノスユース
得点者:浦=伊澤壮平(40分)、高橋悠(72分)、横=内野航太郎3(18分、45分、73分)、島田春人(57分)、角田惠風(75分)

市立船橋高校
1-1
流通経済大学付属柏高校
得点者:市=平良碧規(15分)、流=廣谷瑠己(90分)

清水エスパルスユース
1-3
青森山田高校
得点者:清=千葉寛汰(55分)、青=渡邊星来(43分)、藤森颯太(60分)、松木玖生(67分)

球際の攻防で優位に立った青森山田高校が清水エスパルスユースを3-1で下した(C)Walnix
 

球際の攻防で優位に立った青森山田高校が清水エスパルスユースを3-1で下した(C)Walnix

<指導者コメント>
岩下潤監督(清水エスパルスユース)
「完敗です。これをしっかり受け止めてやっていかないとダメだと感じています。青森山田さんのプレッシャーに対し、うまく間を取ったりするところでできていた面もあったと思いますが、そこからどうゴールに向かうか、という部分でした。シュートも3本しか打てていません。いずれにしても、スタッフを含めて『こういったプレッシャーの中でやれるプレーが本物』ということを痛感しましたし、本当にありがたいとも感じました。こういう試合が成長を加速させる機会だと思っているので、これを逃してはいけないと思っています」

黒田剛 監督(青森山田高校)
「走る、競る、拾うといったテクニカルにやること以外の部分でどれだけ優位に立てるかだと思っていました。世界のサッカーを見ていても、本当にインテンシティー(プレー強度)のところで高いレベルが求められる時代になっていると感じます。私たちはそこにこだわってやってきていますし、結果を出すことでその大切さを訴えることもできると思ってやっています。ポジションに関係なく強度は求めていますし、一人ひとり逞しくなったなとも感じています」

横浜FCユース
0-0
大宮アルディージャU18
得点者:横=なし、大=なし

FC東京U-18
延期
柏レイソルU-18

【WEST】
※全5試合、延期


<高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021公式HP>
https://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u18_premier2021/

情報提供:JFA 

【twitter】
<アカウント名>
高円宮杯公式アカウント @jfa_u18
<ハッシュタグ>
#高円宮U18

【INFORMATION】
https://webshop.jfa.jp/fs/jfagoods/c/top

オフィシャルオンラインショップで大会プログラム発売中!
「高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2021」
商品番号:gd284
定価1,000円(税込)

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事