close

2021-06-01

【アメフト】Xリーグの福岡SUNSに新メーンスポンサー 社長は元選手の安田氏

チーム名も「イコールワン福岡SUNS」となる

全ての画像を見る

 アメリカンフットボールのXリーグ「X1エリア」に所属するみらいふ福岡SUNS(吉野至代表)は、6月1日、メーンスポンサーが変わった。新スポンサーは株式会社イコールワンホールディングス(福岡市)で、チーム名も「イコールワン福岡SUNS」となる。これまでの株式会社みらいふはチームスポンサーとして継続支援するという。

 イコールワンHDはSUNSでも選手としてプレーした安田錦之助さんが社長を務める。Xリーグの選手経験者がオーナーの企業がメーンスポンサーとなるのは極めて珍しい。

 イコールワンHDは、オンライン英会話の「HITGLISH」、就職・転職サポートの「Genchee」、資産運用の「おかねのビフォーアフター」、賃貸不動産仲介の「ドンピシャリビング」などを展開する。安田さんが2015年11月に設立し、2019年から、ユニフォームスポンサーとして福岡SUNSを支援してきた。

 安田さんは1988年生まれで福岡県の出身。明治大学でアメフトを始め、エレコム神戸ファイニーズでプレーした。福岡SUNSには2017年のチーム立ち上げ時から選手として参加、2019年まで現役を続けた。現役時代のポジションはWRだった。

 イコールワンでは、英会話講師としてドニー・キングが働くなど、複数の福岡SUNSの現役選手が社員として在籍しているという。

 イコールワンHDはアメフトでは、オービックシーガルズの前田眞郷や、丸田喬仁さんが主宰する「Japan Kicking Academy」、他競技ではバスケットボールのB2リーグ「ライジングゼファー福岡」のスポンサーをしている。

 福岡SUNSは九州初のXリーグ加盟チームとして2017年2月に創部された。地元九州出身の選手と、関西・関東の大学出身で福岡に勤務する選手らが結集した。2020年には元日本代表のWR栗原嵩や、芸能界から10年ぶりに現役復帰したDEコージ・トクダの参加が話題となった。2017年6月から2019年3月までは株式会社オーパーツがスポンサーとなり「オーパーツ福岡SUNS」、2019年4月より新スポンサーとして株式会社みらいふの元で「みらいふ福岡SUNS」として活動してきた。
福岡SUNSの吉野至代表=撮影:小座野容斉福岡SUNSの吉野至代表=撮影:小座野容斉

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事