close

2021-06-03

優勝請負人の導く力 ENEOS大久保秀昭[野球部監督]の流儀(大久保秀昭/著)

2021年 6月29日発売
BBM1010454
四六判並製・206頁
定価  1,760円(税込)
ISBN:978-4-583-11388-3 C0075

Contents

都市対抗優勝3度、東京六大学リーグ戦優勝3度! 名将、初の著書。

自らはプロを経験し、指導者に転じてからは社会人野球・ENEOS野球部、母校・慶應義塾体育会野球部をそれぞれ常勝チームにした大久保監督。再びENEOSに戻って名門復活へ取り組む指揮官は、何を考え、どのようにして組織をプラスに向かわせているのか――。指導力の神髄に迫る。

【目次】
はじめに
第1章勝利に導く
第2章人を導く
第3章チームを導く
あとがきに代えて

【著者紹介】
大久保秀昭 (おおくぼ・ひであき)
1969年7月3日生まれ。神奈川県出身。桐蔭学園高を経て、慶大では4年時に主将(捕手)で春秋連覇。日本石油では社会人ベストナインを4度受賞。96年アトランタ五輪で銀メダルを獲得。同年秋のドラフト6位で近鉄入団。2001年限りで引退後は球団職員を経て、04年に横浜二軍コーチ。06年に新日本石油ENEOSの監督に就任し、都市対抗優勝3度、日本選手権優勝1度。12~14年にかけて都市対抗13連勝、12年の都市対抗、日本選手権、13年の都市対抗と“3連覇”で15連勝の記録を持つ。15年に慶大監督就任。17年秋、18年春、19年秋にリーグ優勝。同秋の明治神宮野球大会を制し同監督退任。12月1日からはENEOS監督に復帰。NPBでの通算成績は83試合、打率.232、2本塁打、11打点。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事