close

2021-07-08

【ソフトボール】東京五輪ソフト代表の清原奈侑(2)「配球では偏りがないことが一番大事」

代表チームではムードメーカーでもある清原。熱いプレーで投手を盛り上げたいと意気込む(写真/藤井勝治)

全ての画像を見る
五輪でのソフトボール競技は2008年の北京大会を最後に正式種目から除外されていたが、2020年東京五輪で追加種目としての採用が決まり、強化を進めてきた。ソフトボール・マガジンWEBでは、3大会ぶりとなる東京五輪で金メダル獲得を目指す15名の選手たちを、順々に紹介していく。

清原奈侑(日立/捕手)
元気や感動を伝えたい(2)

捕手が3人選ばれた東京五輪日本代表。宇津木麗華ヘッドコーチは後藤希友とバッテリーを組んだ試合を見て、清原の選出を決めたという。投手の良さを引き出すスタイルはどのようにつくられたのか。清原自身の捕手像について語ってもらった。(取材は5月5日、全文はソフトボール・マガジン8月号掲載)

理想の捕手は『ダイヤのA』の御幸一也

──日本代表に入りたいという思いはいつごろからありましたか。

清原 高校時代、U19の代表に選ばれたけれど韓国国籍だったため参加できなかったことと、北京五輪を見たことがきっかけで大学で国籍を変えたので、当時から日本代表に入りたいという強い思いがありました。 

──19年にTOP代表に選ばれて、メキシコと試合を行った際に後藤希友投手(トヨタ自動車)とバッテリーを組んだときのことを、宇津木麗華ヘッドコーチは非常に高く評価されていました。

清原 後藤選手はスピードがあり、またヒザ元に来る下系のストレートが非常にいいと感じました。なので、そのヒザ元へのストレートをうまく使って、ただそこばかりに偏ると打ち取られるので、少し高めのボールを混ぜながら配球していきました。

──その試合に手応えは感じていましたか。

清原 手応えは全くなかったですね。その試合の後に峰(幸代、トヨタ自動車)さんが招集されたので、私自身はあまりよくなかったんだなという印象を受けていました。

──その後、モチベーションが下がることはありませんでしたか。

清原 もしかしたらダメかなとも思ったんですけど、まだ代表には呼んでもらっていましたし、宇津木監督や山路(典子、太陽誘電監督)コーチから指導をしてもらったり、ほかの選手への指導しているのを聞いていて、「そういう考えもあるんだ」という新しい気付きもあったので、すべて自分の力にしていきたいという思いで最後まで前向きに合宿に臨めていました。

──代表には3人の捕手が選ばれましたが、清原選手はどのようなプレーを見せたいですか。

清原 峰さんも我妻(悠香、ビックカメラ高崎)選手も冷静に投手を引っ張っていくタイプなので、私は「ここに投げてほしい」ということを明確に伝えるためにも、ジェスチャーだったり声掛けで熱くリードしていきたいと思います。

──外国人打者にはどう対応しますか。

清原 私自身の配球というよりも投手が得意としているボールを打者にどう意識させるか、逆にどの球で打ち取るかを明確にすることが、外国人打者を打ち取るには大切だと思います。なので、打者の反応などをしっかりと観察しながら配球していきたいと思います。

──理想の捕手像はありますか。

清原 『ダイヤのA』(講談社)という野球漫画に出てくる御幸一也というキャッチャーです。御幸はピッチャーの特長を引き出すのもうまいですし、パスボールなどどんなボールでも捕れるし、盗塁阻止率も高い。そしてチャンスでは打つという、すべてを兼ね備えたキャッチャーで、私の中の目標です。

──その中で、特に五輪までに高めていきたい部分は。

清原 配球では偏りがないというのが一番大事だと思うので、いろんな投手の球を捕ったりする中で、引き出しや幅を広げていきたいです。公式の試合では後藤選手としかバッテリーを組んだことがないので、もっと自分の考えと相手の考えを照らし合わせる作業を深めて、100%の信頼を得て大会に臨めるようにしたいです。

──東京五輪に向けた意気込みを。

清原 試合ではしっかりと流れを変えたり、ピッチャーが気持ちよく投げられるような配球をしていきたいです。また、東京五輪は復興のオリンピックでもあると思うので、私たちのプレーで皆さんに元気や感動を与えられたらいいなと思います。


【PROFILE】
きよはら・なゆ/ 1991年5月1日、大阪府生まれ。165cm63kg。右投右打。捕手。京都西山高-園田学園女子大-日立(2014年~)。日立では1年目からマスクを被り、19年から主将を務める。15年にTAP-B代表となり、TAP-A代表を経て、17年度前期に初めてTOP代表強化指定選手となる。一度選考外となるも19年に再びTOP代表入りを果たした。今季リーグ成績(5節終了時点):11試合、34打席、9安打、0本塁打、3打点、0盗塁、打撃率.300

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事