close

2021-09-13

【NFL】1巡指名QB5人全員がTDを記録 OLBジョーンズが5サック、QBウィンストンは5TDパス

【チーフス33-29ブラウンズ】逆転勝ちの原動力となったチーフスQBマホームズ(右)=photo by Getty Images

全ての画像を見る

米プロフットボールNFLは、現地9月12日(日本時間13日)、全米各地で第1週の14試合が開催された。
 今春のドラフトで1巡指名された5人のQBは全員が試合に登場し、パスもしくはランでタッチダウン(TD)を記録した。トレバー・ローレンス、ザック・ウィルソン、マック・ジョーンズの3人は先発として、試合を通じてプレーした。そのほか、注目のカードや選手を中心にまとめた。(写真は全てGetty Images)

◆セインツ38-3パッカーズ
セインツが大勝した。昨年のMVPで、過去3シーズンの被インターセプト率は0.7%以下のパッカーズQBアーロン・ロジャースが0TD、2INT。反対に2年前はシーズン30INTだったセインツの新先発QBジェイミース・ウィンストンが、パス5TD、0INT。ウィンストンのパス148ヤードは5TD以上では最少だった。
◆セインツ38-3パッカーズ パスで5TDという大活躍でパッカーズに大勝、笑顔のQBウィンストン(右)=photo by Getty Images

◆スティーラーズ23-16ビルズ
スペシャルチームの活躍でスティーラーズが競り勝った。開幕直前に、4年1億1200万ドル(約123億円)で契約し、NFL史上最高額の守備選手となったスティーラーズのOLB、T.J.ワットは、2サック(1ファンブルフォース)と活躍した。
◆スティーラーズ23-16ビルズ  ビルズQBアレンをサックするスティーラーズOLBワット=photo by Getty Images


◆カーディナルス38-13タイタンズ
カーディナルスのOLBチャンドラー・ジョーンズが、1試合5サックという爆発的なパフォーマンスで、タイタンズの強力オフェンスを封じ込んだ。ジョーンズは2019年のNFLサック王だったが、昨年は負傷でシーズンの大半を棒に振っていた。
◆カーディナルス38-13タイタンズ 1試合で5サックと爆発的な活躍を見せた、カーディナルスOLBジョーンズ=photo by Getty Images


◆チーフス33-29ブラウンズ
前半終了時、10-22とリードされたチーフスだが、後半に逆転勝ち。QBパトリック・マホームズはパスで3TD、ランで1TDを記録した。2018年からスターターとなったマホームズは、9月のレギュラーシーズンゲームでは一度も負けたことがない。ブラウンズは、1999年の復活以来、1勝21敗1引き分けとなった。◆チーフス33-29ブラウンズ 逆転勝ちの原動力となったチーフスQBマホームズ=photo by Getty Images


◆イーグルス32-6ファルコンズ
新ヘッドコーチ同士の対戦は、イーグルスが、新エースQBジェイレン・ハーツの活躍で、ファルコンズに完勝した。ハーツはパス成功率77.1%、264ヤード3TD、ラン64ヤードと大車輪の働きだった。ファルコンズは2FGのみ。TDを奪えなかった。

◆シーホークス28-16コルツ
シーホークスは、ベテランの域に入ってきたQBラッセル・ウィルソンがパス成功率78.3%、4TDで、チーム全得点をあげた。新QBとしてイーグルスから移籍したカーソン・ウェンツが先発したコルツだったが、攻撃がかみ合わず。

◆テキサンズ37-21ジャガーズ
テキサンズは今季は出場の意思を持たないQBワトソンに替わって先発したタイロッドテイラーが活躍し、ジャガーズを破った。ジャガーズの全体1位QBトレバー・ローレンスはパス332ヤード3TDながら3INT。ほろ苦いデビューとなった。
◆テキサンズ37-21ジャガーズ パス3TDも3INTとほろ苦いデビューとなったジャガースQBローレンス=photo by Getty Images


◆パンサーズ19-14ジェッツ
ジェッツから放出された元1巡指名QBサム・ダーノルドがエースのパンサーズが、古巣にしっぺ返しを食らわせた。ジェッツは全体2位指名のルーキーQBザック・ウィルソンが先発し、パスで2TD、1INTだった。
◆パンサーズ19-14ジェッツ パンサーズのラッシュを回避するジェッツのQBウィルソン=photo by Getty Images


◆ドルフィンズ17-16ペイトリオッツ
ドルフィンズのQBタゴバイロア、ペイトリオッツのルーキーQBジョーンズは、アラバマ大の同級生。同門対決は1点差でタゴバイロアに軍配が上がった。敗れたジョーンズも、パス281ヤード1TDと実力の片りんを見せた。
◆ドルフィンズ17-16ペイトリオッツ  アラバマ大の同門対決に勝ったドルフィンズのQBタゴバイロア=photo by Getty Images

◆ドルフィンズ17-16ペイトリオッツ  アラバマ大の同門対決に敗れたペイトリオッツのQBジョーンズ=photo by Getty Images=photo by Getty Images


◆49ers41-33ライオンズ
49ersが第2クオーターに24得点。後半のライオンズの反撃をかわして逃げ切った。49ersの注目のルーキーQBトレイ・ランスは先制のTDパスを決めた。ライオンズのQBゴフはパス300ヤード越え、3TDと力を見せたが、第2クオーターのインターセプトリターンTDが痛かった。
◆49ers41-33ライオンズ 49ersのルーキーQBトレイ・ランス(右)は先制のTDパスを決めた=photo by Getty Images


◆ラムズ34-14ベアーズ
サンデーナイトゲームは、ラムズが快勝した。大型トレードで加入したQBマシュー・スタフォードが2本のロングパスを含む3TDパスと期待通りの活躍を見せた。ベアーズは、ルーキーQBのジャスティンフィールズが後半に出場し、ランでTDを記録した。
◆ラムズ34-14ベアーズ   ベアーズのルーキーQBのジャスティンフィールズがランでTD=photo by Getty Images


◆ブロンコス27-13ジャイアンツ
ブロンコスは移籍のQBテディ・ブリッジウォーターが、パス成功率77.8%、2TDと期待通りの活躍。RBメルビンゴードンの70ヤードTDなど、オフェンスがかみ合って快勝した。ジャイアンツは膝前十字靱帯断裂から復帰のRBサクオン・バークリーが、本調子ではなかった。

◆ベンガルズ27-24バイキングス(オーバータイム)
残り3秒で53ヤードのフィールドゴール(FG)を決め、同点に追いついたバイキングスだったが、延長で力尽きた。昨年、左ひざの複数の靭帯を断裂する重傷を負ったベンガルズのQBジョー・バロウはパス261ヤード2TDと復活をアピールした。
◆ベンガルズ27-24バイキングス 重傷から復帰したベンガルズQBバロウ=photo by Getty Images


◆チャージャーズ20-16ワシントン
チャージャーズが第4クオーターに昨シーズンのオフェンスのルーキー・オブ・ザ・イヤーのQBジャスティン・ハーバートがTDパスを決め逆転勝ちした。ワシントンは、移籍のベテランQBライアン・フィッツパトリックが重傷。HCロンリベラとの関係から、ペイトリオッツを放出されたQBキャム・ニュートン入団するという説も取り沙汰されている。
◆チャージャーズ20-16ワシントン  ワシントンは、移籍のベテランQBライアン・フィッツパトリックが重傷を負った=photo by Getty Images

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事