close

2021-12-20

【BBMカードコラム】#2021-28「BBM2021ベースボールカードセット 松坂大輔~平成の怪物~」/怪物はきっと…

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • line
BBMカードの編集担当が自ら手がけたアイテムに込めた思いをお伝えする連載企画。
今回は「BBM2021ベースボールカードセット 松坂大輔~平成の怪物~」についてです。



怪物の背中にはやっぱり18がよく似合う
 ニュースでも話題となった引退登板で見せた背番号「18」。引退登板に向けて背番号登録を変更することは非常に稀なこと。球界だけでなく日本全国にその名をとどろかせた怪物へのリスペクトを感じるものでした。

 今回のカードセットにもレギュラーカードの種類数・限定シリアルの枚数など所々に「18」に関連する要素を加えました。そんなカードセットの中から紹介させていただきたいカードを何枚か掲載いたします。

 まずは、レギュラーカード「自信から確信へ」。お気づきの方もいらっしゃると思いますが、カード左下にご注目ください。このバットの先にいるのは、あの超がつくほどのレジェンド選手。「リベンジ」と並ぶ松坂名言の基となった試合のものです。

No.05 自信から確信へ(西)
No.05 自信から確信へ(西)

 次は2枚のレギュラーカードを比較したいと思います。1枚目は「プロ初登板・初先発」、そして2枚目は「よみがえった背番号18」。

No.04 プロ初登板・初先発(西)No.16 甦った背番号18(中)
No.04 プロ初登板・初先発(西)/No.16 甦った背番号18(中)

 この2枚実に19年もの時間が空いているにもかかわらず、完璧なくらい写真の構図が似ています。そのくらい新人の時からフォームが出来上がっていたという証明ともいえます。

 最後に、外せない象徴的なシーンとなった「伝説が別れを告げる」。ピッチャープレートに手を置いた松坂を見て、マウンドに別れを告げているように感じ自然とこみあげてくるものがありました。松坂自身はマウンドへの感謝と記憶を辿っていたと語っています。きっと怪物はまたグラウンドに顔を出してくれるでしょう。そんな期待を抱きながらこのカードセットを楽しんでいただければ幸いです。

No.18 伝説が別れを告げる(西)
No.18 伝説が別れを告げる(西)

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事