close

2022-02-22

世界で勝つための極意書 ワールド柔道(竹内 徹/著 佐藤宣践/監修)

2022年 3月 2日発売
BBM1350129
B5判並製・184頁
定価  3,300円(税込)
ISBN:978-4-583-11462-0 C2075

Contents

東京オリンピックで金メダルを獲得したウルフ・アロン五段をはじめ、ベイカー茉秋三段、秋本啓之六段、福見友子六段、飛塚雅俊五段をモデルに起用した令和版 柔道指導書の最強教科書。
各技の連続写真、解説、ワンポイントアドバイス、エピソードを徹底紹介するだけでなく、動画でも王者たちの技の秘密を大公開! 永久保存版の一冊です!

【目次】
はじめに
監修にあたり
推薦①了徳寺健二
推薦②山下泰裕
推薦③井上康生

第1章 秋本啓之六段の極意
第2章 福見友子六段の極意
第3章 飛塚雅俊五段の極意
第4章 ベイカー茉秋三段の極意
第5章 ウルフ・アロン五段の極意
第6章 竹内徹師範の奥義と全国高校三冠の指導法

高校柔道三冠達成と金メダリスト育成の指導法

【著者紹介】
竹内徹(たけうち・とおる)/著

昭和34年(1959年)8月31日生まれ。熊本県出身。九州学院高校-東海大学卒業。小学2年生で柔道を始め、九州学院中学校から同高校に進み、全国中学校大会優勝(1973)、金鷲旗(1976、1977)優勝、インターハイ準優勝(1977)、全日本ジュニアベスト8(1977以上65kg級)。その後、東海大学に進学。ケガに泣かされたが、恩師に勧められて出場したサンボで開花。世界サンボ選手権出場(1981)、準優勝(1985)、全日本サンボ選手権優勝(1985)の成績を残した。大学卒業後、東海大学付属相模高校中等部、東海大学付属デンマーク校(フェロー諸島でナショナルチームを指導)を経て、1993年から2021年までの28年間にわたって東海大学付属浦安高校・中等部柔道部を指導し、高校チームを三冠に導いた。オリンピック金メダリストのベイカー茉秋、ウルフ・アロンは教え子。現在、東海大学柔道部師範を務め、東海大学スポーツプロモーションセンターに勤務。Twitterでも精力的に情報を発信中(@takesen4)。講道館柔道六段。

佐藤宣践(さとう・のぶゆき)/監修

1944年1月12日生まれ、北海道出身。北海道学芸大附属中学校で柔道に触れ、函館中部高校時代から本格的に取り組む。61年夏、高校3年の全北海道大会で個人戦優勝。62年東京教育大学(現・筑波大学)に入学。66年に卒業後、博報堂に入社。同時に東京教育大学柔道部の監督を務める。3年間の勤務ののち、69年1月に東海大学体育学部に迎えられ、柔道部監督に就任。常勝チームに育て上げた。東海大学では多くの世界チャンピオンを輩出している。東海大学体育学部長、国際柔道連盟(IJF)理事、日本オリンピック委員会(JOC)理事などを歴任。2016年4月から2020年3月まで桐蔭横浜大学学長を務め、2021年には瑞宝中綬章を綬章。現在、東海大学名誉教授・柔道部主席師範、桐蔭横浜大学名誉教授。講道館柔道九段。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事