close

2022-06-20

【アメフト】佼成学園が駒場学園を下し、春は5度目の関東制覇。3位には足立学園

圧倒的な力で関東を制した佼成学園

全ての画像を見る
第48回関東高校アメリカンフットボール大会は、6月19日に東京・駒沢第二球技場で決勝戦が行われ、東京都代表の佼成学園が駒場学園を45-0で下して、5度目の優勝を果たした。なお、3位決定戦では、足立学園が慶応義塾を下した。

駒場学園の最初の攻撃シリーズを強力な守備陣が3&アウトで終わらせた佼成学園は、第4ダウンのパントをブロック。LB吉川大紀がリカバーしてタッチダウン(TD)。続く駒場学園の攻撃も3&アウトとすると、自陣37ヤードからの最初の攻撃で、RB蓑部雄望が63ヤードを走り切って13-0とリードした。

佼成学園は次の攻撃でもRB蓑部が42ヤードのTDを決めて、第1クォーター(Q)で19-0と大きなリードを奪う。第2QにはRB宮本樹音が38ヤードのTDランを決めて突き放した。

後半の最初のプレーでは、LB吉川がキックオフリターンTDで佼成学園が勢いを維持し、その後も2つのT Dを重ねた。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事