close

2022-06-26

「エラーしたばかりの試合で本当に嫌だった」佐々木朗希の完全試合について千葉ロッテの髙部~リポビタン for Sports presents「The Deep」~

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • line

「The Deep」第29回放送のゲストに、千葉ロッテマリーンズの髙部瑛人が登場

全ての画像を見る

 6月26日(日)20:00~、スポーツライターの金子達仁氏がパーソナリティーを務めるニッポン放送のリポビタン for Sports presents「The Deep」の第29回放送では、今年入団3年目で初の開幕スタメンを勝ち取った千葉ロッテマリーンズの髙部瑛人が登場した。

今年のキャンプでは、これまでと手応えは違いましたか?

「はい。まずスタートは外野手でも優先順位が下のほうでした。もうやるしかない。チャンスが来たら、そのときにしっかり結果を出せるようにと思ってキャンプインしました」

ポジションを掴んだターニングポイントは?

「オープン戦で途中から出て、何とかヒット、盗塁でアピールできたことだと思います」

開幕一軍を伝えられたときは?

「オープン戦でやってきたこともあり、少しずつ自分ができることが見えてきました。オープン戦の中盤、後半には“開幕一軍、スタメンで出てやる!”という気持ちでやってました」

迎えた開幕。過去2年間はたとえ一軍にいたとしても大観衆の前でプレーは叶わなかった。生まれて初めて経験するプロとしての大観衆はどうでしたか?

「とても緊張しました。なんとか波に乗りたかった。ヒットを打つなどして一つのプレーを完成させたいという思いがありました」

緊張は髙部さんの野球人生で敵、味方、どちらだったのですか?

「敵だと思ってたんですけど、緊張しているときのほうがいいものを出せていると感じます」

なぜ敵?

「体が少し重くなる感覚があったり、うまくいかないことを緊張のせいにしていたりしました。でも、今は緊張しているときのほうが集中力が高いですし、緊張感によってプラスになることを見つめられるようになりました」

緊張は敵じゃないということですが、佐々木朗希選手がパーフェクトゲームをやったとき、守っている側はどうだったんですか?

「正直、たまったもんじゃないですよね(笑)」

髙部さんはいつ頃から意識しました?

「初回からレベルが違ったので、“今日、ヤバいんじゃないかな?”と思ってました」

それがどんどん進んでいく。ヤバいですね?

「ヤバかったですね。(ボールが)飛んでくる気がしなかったんで」

そういうとき、飛んでくると恐ろしく嫌ですよね?

「恐ろしく嫌ですね。日本ハム戦で(サヨナラ負けにつながる大きな)エラーをしたばかりだったので、それで尚更、嫌でした。今だから笑い話になりますけど。本当に嫌でしたね」

髙部さんは人生でパーフェクトゲームを見たこともないでしょ? 飛んできましたっけ?

「僕、最終回は守備から退いたんです。結局、9つのポジションの中でボールを触っていないのは(僕の守っている)レフトだけでした」

あれだけすごいと野手は気を使いますね? でも経験できたことで、次はあそこまで緊張しないでしょう?

「そうですね。一回経験できたので、次はもう少し楽になるんじゃないかなと思います。少しだけですけど」

ノーヒットノーランなら、あそこまで硬くならないですね。

 「エラーしてもまだ大丈夫なんで。でもダメですけど」

打者として奮闘する髙部さん。今シーズンはパーフェクト、ノーヒットノーランでピッチャーがえらいことになっている。原因は何だと思います?

「まずは、ピッチャーのレベルが上がっていることだと思います。球速、コントロールがとても良くなっていると思います」

その中で今シーズン対戦した中で、強敵、難敵と言ったら誰を思い浮かべますか?

「すべての投手がそうですけど、特に挙げるなら千賀滉大さん(ソフトバンク)、山本由伸投手(オリックス)、中継ぎのモイネロ投手(ソフトバンク)、平良海馬投手(西武)、松井祐樹投手(楽天)です」

千賀投手はいかがでしたか?

「本当に、投げると同時に振るイメージで行かないと、真っすぐはなかなか当たらないです」

球速なら千賀投手より速い投手がいるのに、そんな感覚になっちゃうんですね?

「千賀さんは本当にすべての球が強いです」

オリックスの山本投手は?

「球がうなってますね」

スポーツライターの金子達仁(上)がパーソナリティーを務める「The Deep」第29回放送のゲストは千葉ロッテマリーンズの髙部瑛人(下)
「The Deep」第29回放送のゲストに千葉ロッテマリーンズの髙部瑛人(下)が登場。面白トークにパーソナリティーの金子達仁(上)も大爆笑!

リスナーからの質問です。将来つけたい背番号は?

「ずっと教えていただいて、タイプも似ている福浦和也さんの背番号(9)、できれば一桁を付けられる選手になりたいです。まだそこまでの選手じゃないんで。今は考えてないですけど、つけさせていただけるなら、つけさせていただきたい。福浦さんは神様のような存在なので」

髙部さんがコンディションを整えるために食事などで気をつけていることは?

「僕は体重がすぐに減ってしまうので、食事は3食摂るんですけど、間食をしっかり摂っています。パパッと摂ってしまうので、気をつけて野菜をしっかり採るようにしています。大食いですが、痩せてしまいます」

 一軍と二軍を行き来していた入団1、2年目の頃の秘話など、髙部氏の話をさらに詳しく聞きたい方、今回の放送を聞き逃した方は無料アプリ「radiko」でタイムフリー機能を使えば、放送1週間後まで聴取可能となる。

大正製薬
リポビタン for Sports ブランドサイト

ニッポン放送 
リポビタン for Sports presents 「The Deep」
毎週日曜20時~絶賛放送中。
radikoで放送1週間後まで聴取可能。
ポッドキャストではディレクターズカット版を配信中。
番組HP

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事