close

2020-10-15

【NFL】オールスター戦「プロボウル」が中止に コロナが影響、選手選出は実施

新型コロナウィルス感染症の影響で、今シーズンのオースルター戦「プロボウル」が中止となったNFL=photo by Getty Images

米プロフットボール・NFLは10月14日、今シーズンのオールスターゲーム「プロボウル」の中止を発表した。米国内の新型コロナ感染症(COVID-19 )の蔓延が理由。2021年1月31日に、ラスベガスで開催される予定だった。プロボウルが現在の形になった1949年シーズン以降で、開催されないのは初めてという。選手の名誉となるプロボウラーの選出は行われる。

 プロフットボールのオールスター戦は1938年に始まったが、当初はリーグチャンピオンとオールスターチームが戦う形式だった。第2次世界大戦のため、1943年シーズンから行われなくなったが、1949年シーズンから二つのカンファレンスを代表して選ばれた選手が対戦するオールスター戦として復活した。アメリカンフットボールにつきものの、負傷のリスクを避けるために、様々な戦術上の制限が生じ、勝敗への興味も薄まりがちで、開催の是非が論じられてきた。日程をスーパーボウルの翌週ではなく前週に移したり、両カンファレンスの対抗戦ではなく、引退した有名選手が率いる2チームの対戦とするなど、様々な工夫を凝らしてきた。

 試合そのものは、大味で面白くないとされてきプロボウルだが、野球のMLBなどと違い、選手とコーチによる投票で、出場選手「プロボウラー」を決定してきたために、「プロが選ぶプロ」として大きな名誉となっており、AP通信社が選出するオールプロと並んで、選手評価の基準の一つとなっている。1990年代の半ばから、従来の選手・コーチ投票だけでなく、ファン投票も加味する形に変わっている。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事